作成日     2001(平成13)年9月
                                  最終更新日  2012(平成24)年1月

新聞各紙による坂和弁護士の著書紹介  
 1 『シネマルーム5』『シネマルーム17』
   『坂和的 中国電影大観 社会派熱血弁護士 中国映画を語る
                            SHOW−HEYシネマルーム5』 
   『坂和的 中国電影大観 2 ナニワのオッチャン弁護士、映画を斬る!
                           SHOW−HEYシネマルーム17』  
             関西華僑報第439号(2009年1月1日)で紹介されました。


 2 〔取景中国(Shot of China)〕(上海文芸出版社、2009(平成21年)年8月発行)
  
(1)愛媛新聞 2009(平成21)年9月11日掲載
                                           

    「中国映画評論交流の橋渡しー坂和さん(大阪在住 松山出身)現地で出版」  新聞記事
                                       (掲載許可番号 G20090901-00360)

  (2)大阪日日新聞 2009(平成21)年9月30日掲載
    
「『取景中国』 現地出版 上海でサイン即売会」  新聞記事

 3 〔名作映画から学ぶ裁判員制度〕(河出書房新社、2010(平成22)年3月30日発行)
  
(1)愛媛新聞 2010(平成22)年4月4日掲載
                                       
    
「裁判員制度 映画で解説 松山出身 坂和弁護士が新著」  新聞記事
                              (転載許可番号 G20091401−00469)

  (2)大阪日日新聞 2010(平成22)年4月10日掲載
    
「気になるこの本 『名作映画から学ぶ裁判員制度』」  新聞記事

  (3)朝日新聞 2010(平成22)年4月30日掲載
    
「見聞考 映画で学ぶ裁判員制度 人間ドラマ 司法身近に」  新聞記事