中国で『电影如歌 一个人的银幕笔记』が出版されました!
       (上海文化出版社、2012(平成24)年8月発売。定価32元)

1) 2009年8月には私にとって記念すべき1冊目
の中国語の本である『取景中国:跟着电影去旅行』
が毛丹青老師のプロデュースによって出版され、09
年8月18日の上海ブックフェアに出品され、サイン
会が実施されました。それから3年後の2012年8
月、再び毛老師のプロデュースによって、2冊目の
中国語の本である『电影如歌 一个人的银幕笔记』
が出版されました。
2) これは『名作映画には「生きるヒント」がいっぱい
!』(10年、河出書房新社)をもとにし、新たに最近
の中国映画と戦争映画大作を加えた合計55本の名作
を評論し、その中から私なりの生き方のヒントを示した著書です。翻訳は神戸国際大学教授である毛丹青老師の教え子である李渊博君と陳科慧さんが担当し、あとがき(译后记)も李君が書いてくれました。
3) 今回も2012年8月17日の上海ブックフェアに毛丹青老師や李君たちと共に参加し、毛老師との対談とサイン会を実施し、大きな反響を呼びました。とりわけ今回は、苏静を編集長とし、毛丹青を主筆とする人気雑誌『知日』から本書を特別推薦(特別推介)していただいたことや、同時に毛老師が『狂走日本』を出版したこともあって、多くの中国人のファンが集まりました。
4) 中国語が読める方はもとより、少しでも中国語をかじっている人や映画の大好きな人は是非本書を手にしてみて下さい。
 ご注文等は、 当事務所(電話06-6364-5871 FAX06-6364-5820 メール office@sakawa-lawoffice.gr.jp)までご連絡ください。定価32元ですので400円で販売致します。よろしくお願いします。
                                                   以上
  ***新聞で紹介されました。***
◎大阪日日新聞 2012(平成24)年9月13日
 「『名作映画には「生きるヒント」がいっぱい!』中国語版を刊行」  新聞記事