2 (1)カラオケヒット曲のページ
    
   ~弁護士 坂和章平が歌うカラオケヒット曲紹介~


     

<ページ開設にあたって>
    「最近の若いもんの歌はさっぱりわからん!」「次々と新しい曲が出てついていけない!」 
   という方のために、坂和弁護士が歌う最新カラオケヒット曲をこのページで紹介します。
   このページにのせる曲は坂和弁護士が歌うカラオケナンバーの代表的なものです。
   ページ開設にあたって、まず最近2、3年の坂和弁護士の大好きなヒット曲をピックアップ
   します。
    不断のたゆまぬ努力(?)により、坂和弁護士は、ここにでてくる曲をすべてバッチリ歌う
   ことができるのです。本当ですよ!

    今後は、数ケ月に1回のペースでこのページを更新して、坂和弁護士が歌う最新カラオケ
   ヒット曲を紹介していきますので、お楽しみに。

    「ヒット曲ならまかせといて!!」という方の挑戦については、老若男女を問わず(とはいっても
   やっぱり若い女性からの挑戦を優先しますが)、お待ちしています。


 〔2002年10月記〕

 ・平井堅 「大きな古時計」・・・今(平成14年10月)もっともよく歌われているヒット曲。
                   この手のスローバラードは坂和弁護士の大得意。まかせといて!
                   平井堅なにするものぞ!

 ・kinki kids 「情熱」・・・アップ・テンポな曲で難しそうだが、リズムに乗れば意外と簡単。
                 これを歌えば若い女の子は驚くよ。

 ・サザンオールスターズ 「TSUNAMI」・・・若者からオジさんまでの定番の名曲。
                           きちんと歌わないとダメ。

 ・鬼束ちひろ 「月光」・・・この曲を最初聞いた時はショックでした。
                 誰がこんな歌詞を作ったのかと・・・。
                 すばらしい歌手、すばらしい曲です。
                 あくまでしっとりと歌うこと。

 ・島谷ひとみ 「大阪の女」・・・島谷ひとみのデビュー曲。あの島田紳介作詞の演歌です。
                   この最初の曲から坂和弁護士は彼女に注目していました。
                   今や急成長。
          「パピヨン」・・・アジア系のふしぎな音楽。
                   早口言葉なみの語詞ですが、リズムに乗れば意外と簡単。
          「やさしいキスの見つけ方」・・・テレビの歌番組「ASAYAN」のラストでもよく流さ
                             れていたラジオ体操みたいなノリの曲。意外に簡単。
          「亜麻色の髪の乙女」・・・昔のグループサウンドのカバー曲が見事によみがえっ
                          たもの。
                          簡単そうだが、昔の感覚のままでは歌えないよ!

 ・ZONE 「secret base~君がくれたもの~」・・若い女の子大好きの坂和弁護士好みの歌。
                              ストーリーのある名曲。オッサンが歌うには
                              不向きかもしれないが、照れないで堂々と。

 ・愛内里菜  「NAVY BLUE」・・・これは無茶カッコいい曲。これをきちんと歌えば、カラオケ自慢
                       の女の子もちょっと尊敬してくれるよ。

 ・「イムジン河」 フォーク クルセダーズ ・・・学生時代のフォークソングがよみがえった。
                          なつかしいメロディ。これなら誰でもすぐに歌えるはず。
     〃     キムヨンジャ・・・紅白で歌った後、急にこの曲への問い合わせが殺到したとか。
                     坂和弁護士は2番のハングル語もきちんと歌えるよ。

 ・CHEMISTRY 「PIECES OF A DREAM」・・・あの難しいCHEMISTRYの曲も坂和弁護士
                                はバッチリ・・・、とまではいかなくても、それな
                                りにまとめています。

 ・後藤真希 「愛のバカやろう」・・・「ごまき」がモーニング娘に入ったときは15才位。
                      そりゃ、とび抜けて美女だった。つんく好み・・・。
                      一時しかはやらなかったが、坂和弁護士はバッチリ。

 ・浜崎あゆみ 「Love destiny」・・・坂和弁護士が最も好きな曲の1つ。この歌詞に涙する人も
                       いる筈。あゆの作詞家としての能力に脱帽。
          「SEASONS」・・・これは歌いやすくてカッコいい曲。レコード大賞も当然と納得。
          「vogue」・・・この曲の「君を咲き誇ろう 美しく花開いた その後はただ静かに
                  散っていくから・・・」という歌詞に表現されたあゆの無常観は新聞でも
                  報道され(朝日新聞 平成13年1月22日)、私の愛媛大学の4日間の
                  集中講義のネタにも使った。このような「ニッポンのことば」をめぐる
                 新聞論争に登場するほど「あゆ」の歌詞は社会現象になっているのだ。
                  それはさておき、「vogue」は短い曲だが前奏も含めて無茶カッコいい。
                  もっともカッコよく歌わなければ全然ダメだよ。
          「M」「Endless sorrow」「Dearest」・・・ここらあたりになるとあまりいい曲とは
                                   思えませんが、何せ、あゆブランドだから
                                   覚えてます。 

 ・SMAP 「らいおんハート」・・・SMAPの実力を感じさせてくれた名曲。これ位はおっさんも
                    歌ってます。

 ・中澤ゆうこ 「純情行進曲」・・・モーニング娘の中澤ゆうこがソロで歌った演歌。
                    「大阪ラブソディ」と同じようなリズムと歌詞で誰でもすぐに覚えられ
                    ますよ。

 ・テレサ・テン 「月亮代表我的心」・・・中国から日本に来ている女の子は誰でも知っている
                         バラードの名曲。中国語でバッチリ決めましょう。
                        モテること間違いなし。
                        坂和弁護士の中国語も大したもの(?)です。

 ・倉木麻衣 「always」・・・これはさすがに坂和弁護士が歌っても全然似合いませんでした。
                一度歌ってやめました。

 ・スピッツ 「遥か」・・・かなり高音で難しい曲だが、坂和弁護士は何とかマスターしました。

 ・花*花 「やっぱり!」・・・「花*花」の曲は歌いやすくていい。
               しかしもうヒット曲は出ないのかな・・・?

 ・藤井フミヤ 「Another Orion」・・・TVドラマの主題歌。「君のために僕が強くなる。たとえ
                       どんなに離れていてもあの星を見上げてる・・・」という
                       すばらしい歌詞。
                       他の客が聞いているところで歌いあげたら最高。拍手喝采
                       間違いなし。但し、フミヤを知っている客でないとダメ。
                      もっともこれは坂和弁護士ぐらいの歌唱力がないとムリか・・・?

 ・hitomi 「LOVE2000」・・・先日結婚を発表したhitomiの代表曲。
                   マラソンの高橋尚子選手が練習の時いつも聞いていたという元気
                   の出る曲。これはいいよ。

 ・冠二郎 「望楼の果て」・・・敦煌をテーマにした冠二郎の異色の演歌。
                  敦煌帰りの坂和弁護士が即覚えた得意の演歌。
                  スケールが大きく、哀愁のあるいい歌だよ。