[1日目]・・・2015年3月7日(土)
                                      写真1-1~25

1 伊丹空港出発(8:00、JAL2401便)→鹿児島空港着(9:25)
 (1)タクシーで伊丹空港へ(6:40~7:00)
 (2)伊丹空港から鹿児島空港へ(8:00~9:25)
 (3)鹿児島空港を出て、団体ツアーバスに乗車。参加者33名
                ―バス移動(10:00~10:10)―
    車窓から、西郷隆盛の銅像を見る。高さ10.5m、重さ30t。日本で一番大きい人
   物銅像とのこと。

2 旧第二国分海軍航空基地跡(霧島市上床(うわとこ)公園)見学(10
  :10~10:40)

 (1)旧第二国分海軍航空基地は、訓練生が訓練を受けていたところ
 (2)第二国分基地(十三塚原)特攻資料展示室を見学(写真1-1
 (3)零式特攻機(T-34性能諸元、通称メンター)(写真1-2
 (4)零戦プロペラ(写真1-3
 (5)特攻の碑(写真1-4~7
                ―バス移動(10:40~11:50)―

3 鶴丸会館で昼食(11:50~12:45)
 (1)鶴丸会館で昼食(和食、会席御膳)(写真1-8
                ―バス移動(12:45~13:00)―

4 特攻碑公園・特攻神社(旧出水(いずみ)海軍航空基地跡)見学(13:00~14:20)
 (1)特攻碑公園見学(13:00~13:50)
   ・出水海軍航空基地は、昭和18年に開隊された。開隊当時は、甲種予科練などの陸
    練操縦教育を担当していた。昭和20年4月以降は特攻基地として銀河隊など、約2
    00名の特攻隊員が出撃した。
   ・特攻隊銀河隊出撃之地(写真1-9
   ・防空戦闘指揮所(防空壕)(写真1-10、11
                 ―バス移動(13:50~14:00)―
 (2)特攻神社見学(14:00~14:20)(写真1-12~14
   ・特攻隊員像『南方のかなた』(写真1-12
   ・特攻神社は、出水海軍航空隊の守り神として建立された。大東亜戦争の終結により
    放置されていたが、平成2年、神社の台座が発見されたのを機に再建された(写真
    1-13、14
)。
                 ―バス移動(14:20~16:05)―
          途中、畑の中の掩体壕(えんたいごう)を見学(写真1-15)。

4 さつま揚げ直売所(16:05~16:35)
 (1)高浜蒲鉾(串木野名産)
                 ―バス移動(16:35~17:10)―

5 鹿児島市(ブルーウェーブイン鹿児島泊)着(17:10~17:30)
   部屋に荷物を置いて市内へ散策に出る。

6 市内散策(17:30~19:30)
 (1)ザビエル公園(写真1-16、17
   ・明治時代に建てられたザビエル教会は第2次世界大戦で焼失したが、昭和24年に
   フランシスコ・ザビエルの渡来400年を記念して、ローマ法皇の寄付で、近代ゴシック
   建築の教会堂が再建された。
   ・平成11年に溝口守一氏によって、ザビエル、薩摩人ヤジロウ、ベルナルドの等身
   大の像が制作された。
 (2)照国神社(鶴丸城跡)(写真1-18、19
    鶴丸城は、屋形の形状が鶴が羽を広げたように見えたことから呼ばれる鹿児島城
   の別名。照国神社は、薩摩藩第11代藩主島津斉彬を祀る神社。
 (3)島津斉彬像(写真1-20
 (4)西郷隆盛像(写真1-21
 (5)小松帯刀像(写真1-22
                ―徒歩移動(19:30~20:00)―

7 天文館街歩き(20:00~21:00)
 (1)鹿児島ラーメン「我流風」でラーメンを食べる(写真1-23
 (2)夜の天文館の飲食街めぐり。薩摩ダイニング前の西郷さんの人形と共に(写真1-2
    4

 (3)昭和の懐かしい映画のポスターを売りにした居酒屋の前で(写真1-25

8 鹿児島市(ブルーウェーブイン鹿児島泊)(21:00)
 ホテルに戻って就寝。