[4日目]・・・2013年8月12日(月)
                                      写真4ー①~24

1 起床(5:45)、温泉入浴(5:50~6:10)
 (1)朝起きると寝汗をぐっしょりかいていたので、温泉で一風呂浴びて部屋に戻ると、廊
   下よりも暑い。そこでエアコンを入れたが、実は冷房は全く機能していないことが判
   明。
 (2)北海道では最近でこそ冷房をつける住宅が少しずつ増えているが、そもそも冷房な
   どないのが一般。そして、ここニュー阿寒ホテル・シャングリラにも冷房の機能はなか
   ったようだ。
 (3)そんなニュー阿寒ホテル・シャングリラの部屋の窓から、美しい阿寒湖の風景の写真
   を一枚(写真4ー①)。
2 ホテルにて朝食。豪華なバイキング(6:30~7:20)、出発(7:45)
    昨夜の夕食のバイキングも超豪華だったが、朝食のバイキングも超豪華。昼食は
   ジンギスカンだということがチラッと頭に浮かんだが、今朝もやっぱり腹いっぱいおい
   しいものを胃の中に詰め込むことに(写真4ー②③)。
                  バス移動(7:45~8:10)
3 オンネトー(年老いた沼)見学(8:10~8:20)(写真4ー④⑤)
 (1)阿寒国立公園には、①マリモで有名な阿寒湖、②超透明な湖水で有名な摩周湖の
   他、③日本最大のカルデラ湖である屈斜路湖がある。この屈斜路湖には、ネス湖に
   いるというネッシーの向こうを張って、「クッシー」がいるとかいないとかの「論争」があ
   るらしい。
 (2)博識のガイドさんからそんな話を聞きながら、最終日朝一番の見学地は、原生林に
   囲まれ雌阿寒岳を水面に映す自然豊かな湖であるオンネトー。オンネトーとはアイヌ
   語で「年老いた沼」という意味らしい。
                  バス移動(8:20~9:10)
4 あしょろ庵にてトイレ休憩、買物(9:10~9:30)
 (1)松山千春の故郷である足寄町にあるレストラン「あしょろ庵」でトイレ休憩と買物。
 (2)入口にある松山千春のパネルと並んで記念撮影も(写真4ー⑥)。
                  バス移動(9:30~11:15)
5 道の駅南ふらの、南ふらの物産センターでトイレ休憩(11:15~11:30)
 (1)高速自動車道(道東自動車道)を約1時間半ほど走った後、トイレ休憩と買物に立ち
   寄ったのが、道の駅南ふらのにある南ふらの物産センター(写真4ー⑦)。
 (2)ここでは、熊の剥製の前でハイポーズ!(写真4ー⑧)
              高速道路でバス移動(11:30~12:35)
6 上富良野にある「フラノーブル」にてジンギスカン鍋の昼食(12:35~1:20)(写真4ー⑨)
 (1)バスは上富良野にあるレストラン「フラノーブル」に立ち寄り、ここで昼食。
 (2)今日の昼食は、有名な松尾ジンギスカンのジンギスカン鍋だ。私はこの手の料理は
   大好きだし、それなりにおいしいが、さてこの原価はHow much?材料は羊の肉と
   もやしなどの野菜だけだから、そりゃ安いもの?
 (3)ちなみに、ここでは中国人の団体客約30名が大きな声でしゃべりながら、ビールを
   飲み同じジンギスカン鍋を食べていた。そんな風景を見ながら、量は向こうの方が圧
   倒的に多いと思ったのは、ちょっとしたひがみ・・・?  
               バス移動(1:20~1:30)
7 「ファーム富田」見学(1:30~2:20)(写真4ー⑩~24)
 (1)ファーム富田の敷地は約12ha。その全景は下記のパンフレットのとおり。ラベンダ
   ーで超有名らしいが、「花より団子」派の私は寡聞にしてこれまで全く知らなかった。
   そんな予備知識なしの私にとって、この見学は一種のカルチャーショック。広大な「お
   花畑」に咲き誇る、ラベンダーをはじめとするポピーやコスモスなど赤・白・黄さまざま
   な花々にしばしうっとり。
 (2)「花人の舎」の2階の展示から「ファーム富田の歴史」を学ぶと、ラベンダーに魅せら
   れて1903(明治36)年からこの地での開拓を始めたものの、多大な苦労があったこ
   とがよくわかる。もっとも、これほど有名になったのはここ十数年だから、「経営戦略」
   とともに「税務対策」がさぞ大変だろうとつい要らざる心配を・・・。
 (3)ちなみに、快晴に恵まれた中でのファーム富田への見学には当然多くの観光客が集
   まっていたが、そこでは中国語、韓国語はもとよりタイ語(?)、フィリピン語(?)その
   他、東南アジアの観光客がいっぱい。
 (4)陽射しが強くなる中、例によってファーム富田名物(?)のラベンダー入りのソフトクリ
   ームを1個購入し4人で少しずつ(写真4ー24)。
                         記
 
              高速道路でバス移動(2:20~4:10)
8 高速PAにてトイレ休憩(4:10~4:20)
              高速道路でバス移動(4:10~4:40)
9 新千歳空港到着(4:40)
 (1)空港に着いたらM氏にお礼と無事到着した旨を電話しようと思っていると、到着直前
   にM氏から電話が入った。どうやら、出迎えだけではなく見送りもしてくれるらしい。
 (2)出発までは約1時間あるので、妻と娘は新千歳空港名物(?)の買物に行き、私と息
   子は「お茶でも」ということになったが、せっかくならやはりおいしいラーメンに。
 (3)これによって、今回は最後の最後までおいしいものをたらふく食べる北海道旅行にな
   った。きっと数kgは太っているだろうから、大阪に帰ればしばらく絶食しなけれ
   ば・・・。
10 新千歳空港(17:50発JAL2016便)→伊丹空港(19:40着)
    お迎えのMKタクシーで自宅へ。
11 事務所で仕事(9:00~10:30) 
    自宅到着後、私と息子は事務所に行き残務処理を。