[2日目]・・・2月22日(月)
                              

1 松江簡易裁判所 調停事件(10:00〜11:00) 

2 昼食 打合せ(11:30〜3:00)

3 竹島資料室(島根県庁2階)見学(15:10〜15:40)
1)今日2月22日は何の日か知ってる?それは竹島の日。島根県が「竹島の日を定める条例」を定めたのは2005(平成17)年3月25日だが、さてその意義と条例をめぐるその後の展開は?

2)昨日出雲空港まで迎えにきてくれた関係者の話を聞くと、21日の松江市内は右翼の街宣行動で大変らしい。つまり、竹島の日に県に抗議文を手渡すためにやってくる韓国の人たちに対して、全国から結集した右翼団体が大反対運動を展開しているとのことだ。したがって、昨日の松江城見学の最中も、街宣車がマイクを通して右翼の主張とそれらしき曲がたくさん流されていたが、今日は事件の打合せが3時に終了したため、関係者と共に県庁2階にある竹島資料室を見学することに。

3)竹島問題は領土問題。つまり、日本の領土が韓国の武力によって実効支配されているという大問題なのだが、ノー天気な日本人はその重要性にほとんど気づいていない。そこで世論を喚起するため竹島条例が制定されたわけだが、その効果のほどは?資料室に入るとDVDが流されており、パンフレットや歴史的資料がたくさん展示されている。それらを一通り見学した後、再度DVDを最初から見直すと、約20分間で竹島問題とは何かということを理解することができる。そこで私はDVDを1本譲ってもらい、今後私の友人、知人たちにも広く竹島問題の問題提起をする決意を。

4)ちなみに、竹島条例には右翼も大賛成。そして、自民党も共産党も幅広く賛成したが、民主党は反対したとのことだ。2009年8月30日の政権交代選挙によって政権与党となった民主党は現在「政治とカネ」問題でアップアップしているが、領土問題はそんな問題よりもっと大切。私としては、政権与党の民主党に竹島問題をどう考え、どう対処するのかを明確に示してもらいたいと思うのだが・・・。

4 JAC2356 出雲空港(17:25)ー伊丹空港(18:20)