弁護士 坂和章平による
   「独断」と「偏見」にもとづく

                映 画 評 論
                  
                         更新日 2017(平成29)年1月24日

 〔目 次〕
               注) タイトルの後ろの(年)の表示は映画の製作です。
                  本文はネタバレを含みます。

洋17-1 ヒトラーの忘れもの(2015年) 

        <テアトル梅田>                  2017年1月3日鑑賞
        (デンマーク、ドイツ映画)             2017年1月11日記
  ・・・アメリカ軍の日本本土への上陸を阻止するための作戦の1つが地雷の敷設だっ
   たが、ナチス・ドイツはそれを現実に!元の邦題を『地雷と少年兵』とされた本作
   は、デンマーク本国でもあまり知られていないドイツの少年兵による強制的な地雷
   除去作業を描く中で、ギリギリの人間性を問うもの。性善説?性悪説?約束は約
   束?しかし、命令はそれより上位に?
    作業を終えればドイツに戻れる。そんな約束を信じて危険な作業に従事した少年
   兵たちの運命は・・・?そして『人間の條件』(59~61年)の梶と同じように苦悩し
   た、ラスムスン軍曹の最後の決断とは・・・?


日17-2 竜馬暗殺(1974年) 

        <シネ・ヌーヴォ>                 2017年1月3日鑑賞
        (日本映画)                       2017年1月10日記
  ・・・オーソドックスでカッコ良い坂本竜馬もいいが、本作のような女たらしでだらしなく
   ハチャメチャながら、理想を語らせれば時々まともそうな竜馬も面白い。しかし、盟
   友中の盟友・中岡慎太郎も「内ゲバ仲間」だったとは、何とも意外!
    暗殺直前の3日間にフォーカスしたスクリーン上は濃密で、竜馬が逃げ込んだ狭
   い土蔵の中は息がつまりそう。これでは向かいの娼婦・幡に入れあげるのも無理は
   ないが、日本の夜明けはホントにこんなところから生まれたの?
    学生運動が下火になる中、黒木和雄監督は竜馬の革命性と革新性をどこに見い
   出そうとしたのだろうか?平成の時代も末期となり、少子高齢化が急速に進む今、
   そんなことを考えながら今日的坂本竜馬の出現を期待したい。


日17-3 泪橋(1983年) 

        <シネ・ヌーヴォ>                 2017年1月9日鑑賞
        (日本映画)                       2017年1月13日記
  ・・・過激派学生の10年後は、しがない英語の百科辞典のセールスマン!いかにも薄
   っぺらなそんな設定だが、まずは「泪橋」に注目!
    鈴ヶ森の刑場、白井権八と小紫伝説の「故事」をしっかり学びながら、スクリーン
   上に登場する女優・佳村萠(愛川欽也の娘)の幻想的かつエキセントリックな雰囲気
   を堪能したい。
    佐藤忠男著『黒木和雄とその時代』(06年)では、「失敗作」としての本作に黒木
   和雄の特質を見て取っているそうだが、さてあなたの評価は?
    原田芳雄との兄妹の近親相姦まで登場すると、あまりにごった煮だが、ラストは意
   外とシンプルに・・・。


日17-4 浪人街(1990年) 

        <シネ・ヌーヴォ>                 2017年1月9日鑑賞
        (日本映画)                       2017年1月13日記
  ・・・「日本映画の父」と呼ばれるマキノ省三監督の1928年のサイレント映画『浪人
   街』は、「反権力の映画作家」黒木和雄には絶好の(リメイク)素材!
    見どころは、原田芳雄をはじめとする四浪人のキャラの濃さだが、他方では「武士
   (侍)は任官してナンボ」というサラリーマン社会の厳しさも・・・。17分間にも及ぶク
   ライマックスの「集団殺陣」は圧巻だが、そこでの勝新太郎の「死にザマ」には賛否
   両論が・・・。
    何はともあれ、平成末期の安心安全な時代では絶対見られない、平成初期のい
   かにも反権力でアナーキーな映画づくりに拍手!


洋17-5 海は燃えている~イタリア最南端の小さな島~(2016年) 

        <ビジュアルアーツ大阪試写室>        2017年1月10日鑑賞
        (イタリア、フランス映画)               2017年1月12日記
      ショートコメントのとおり。


洋17-6 アイヒマンを追え!ナチスがもっとも畏れた男(2015年) 
                                            

        <シネ・リーブル梅田>              2017年1月14日鑑賞
        (ドイツ映画)                      2017年1月18日記
  ・・・アウシュヴィッツ裁判でナチス・ドイツの元親衛隊中佐アドルフ・アイヒマンが見せ
   た「悪の凡庸さ」は『ハンナ・アーレント』(12年)によって一躍有名になったが、その
   裁判の実現に執念を燃やしたのは誰?それがフリッツ・バウアー検事長だが、戦後
   ドイツの良心を代表する存在となった彼も、『顔のないヒトラーたち』(14年)と本作
   によって一躍有名に!
    戦後の経済復興に熱心だったのは日本も西ドイツと同じだが、日本の戦犯とナチ
   スの残党やアイヒマンに対する取り扱いの差は一体どこに?
    それを勉強しながら、本作に見るバウアーと架空の若手検事2人のアイヒマンを
   追う執念をしっかり感じ取りたい。


洋17-7 若者のすべて デジタル完全修復版(1960年) 

        <シネ・リーブル梅田>              2017年1月14日鑑賞
        (イタリア、フランス映画)               2017年1月18日記
      ショートコメントのとおり。


洋17-8 彷徨える河(2015年) 

        <シネ・リーブル梅田>              2017年1月14日鑑賞
        (コロンビア、ベネズエラ、アルゼンチン映画) 2017年1月16日記
      ショートコメントのとおり。


洋17-9 皆さま、ごきげんよう(2015年) 

        <テアトル梅田>                 2017年1月21日鑑賞
        (フランス、ジョージア映画)             2017年1月25日記
      ショートコメントのとおり。


洋17-10 バイオハザード:ザ・ファイナル(2016年) 

        <TOHOシネマズ西宮OS>          2017年1月22日鑑賞
        (アメリカ映画)                    2017年1月24日記
      ショートコメントのとおり。


洋17-11 ザ・コンサルタント(2016年) 

        <TOHOシネマズ西宮OS>          2017年1月22日鑑賞
        (アメリカ映画)                    2017年1月●日記
      ショートコメントのとおり。


洋17-12 アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場(2015年) 

        <TOHOシネマズ西宮OS>           2017年1月22日鑑賞
        (イギリス映画)                    2017年1月26日記
  ・・・今や写真撮影から宅配まで市民生活に入り込んだ(小型)ドローンは今後も飛躍
   的な活用が見込まれているが、大型の無人攻撃機(ドローン)からのミサイル攻撃
   による敵要人やテロリストの暗殺の可否は?
    対テロ戦争で地上軍を大幅に削減したオバマ前大統領が、ドローン攻撃を多用し
   たのは周知の事実だが、ライフルによる狙撃と違い、そこに発生するコラテル・ダメ
   ージ(周辺被害)の確率は?しかして、「罪なき少女を犠牲にしてまでも、テロリスト
   を攻撃すべきか」。そんな本作の問いに対する、あなたの答えは?
    軍人と政治家、命令する人間と命令を実行する人間、さまざまな立場と役割が交
   錯する中、ドローンからのミサイル発射の命令は下されるの?その結末は?そんな
   現実を、本作からしっかり勉強したい。


洋17-13 (2015年) 

        <テアトル梅田>                 2017年1月21日鑑賞
        (フランス、ジョージア映画)             2017年1月12日記
      ショートコメントのとおり。