弁護士 坂和章平による
   「独断」と「偏見」にもとづく

                映 画 評 論
                  
                         更新日 2012(平成24)年5月29日

 〔目 次〕
               注) タイトルの後ろの(年)の表示は映画の製作です。
                  本文はネタバレを含みます。

洋11-1 バーレスク(2010年)  

        <TOHOシネマズ梅田>     2011年1月2日鑑賞
        (アメリカ映画)            2011年1月5日記
   ・・・ここはストリップショーの店?いや、ここはバーレスク!フランスの
   「ムーラン・ルージュ」も良かったが、バーレスクのショーも最高!田舎の
   小娘だって、実力さえあれば!そして、アントニオ猪木ばりのガッツさえ
   あれば!そんな、いかにもアメリカ的なサクセスストーリーを心ゆくまで
   楽しみたい。
     芸術性と商業性(もうけ)の両立が難しいのはバーレスクも同様だが、それ
   を解くキーワードは空中権と眺望権。その詳しい解説は、私の著書で・・・。


日11-2 太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男(2011年)  

        <東宝試写室>         2011年1月5日鑑賞
        (日本映画)            2011年1月7日記
   ・・・サイパン島の玉砕は地獄絵。そんなイメージだったが意外にも?日本の敗
   戦は1945.8.15だったが、なぜ大場大尉はその後も抵抗を?こんな映画が
   作られた意義は十分認めるものの、もう少し事実関係の正確な評価が必要で
   は?


日11-3 あしたのジョー(2011年)  

        <東宝試写室>         2011年1月5日鑑賞
        (日本映画)            2011年1月6日記
   ・・・団塊世代が定年を迎えている今、あの伝説の「クロス・カウンター」が実写
   版でスクリーン上に!見どころは『ロッキー』シリーズのシルベスター・スタローン
   以上(?)の山下智久と伊勢谷友介の肉体美!アントニオ猪木とモハメド・アリ
   の「格闘技世界一決定戦」は「凡戦」だったが、過酷な減量作戦を貫行した力石
   とジョーとの対決は?
     ちなみに、白木のお嬢サマはなぜ下町のドヤ街の再開発に固執するの?そ
   んな視点も忘れずに・・・。


洋11-4 ウォール・ストリート(2010年) 

        <角川映画試写室>       2011年1月11日鑑賞
        (アメリカ映画)           2011年1月12日記
   ・・・日本のバブル崩壊直前に大ヒットした『ウォール街』(87年)は、オリバー・
   ストーン監督とマイケル・ダグラスの代表作!日本は1990年のバブル崩壊の
   後、「失われた10年」を体験したが、2008年にサブプライムローン問題を発
   生させ世界的金融危機を招いたアメリカの不動産バブルとは?そんな時期に
   『ウォール街』パート2とも言うべき本作が公開されたことに大拍手!
     郵政民営化問題も難しかったが、金融問題はもっと難しい。スッカラカンと呼
   ばれている某国首相も、政局は得意だがそれは苦手。しかして、もしあなたの
   手元に1億ドルあれば?23年前と今をきちんと比較対照しながら、しっかり金
   融問題とその中でうごめく人間観察のお勉強を!


洋11-5 恋とニュースのつくり方(2010年)  

        <GAGA試写室>        2011年1月11日鑑賞
        (アメリカ映画)           2011年1月12日記

        ショートコメントのとおり。


洋11-6 幸せの始まりは(2010年)  

        <角川映画試写室>       2011年1月12日鑑賞
        (アメリカ映画)           2011年1月13日記
   ・・・女子ソフトボールチームの要だった31歳のヒロインは今、失意のドン底に。
   今さら恋なんて?結婚なんて?子供なんて?
     ところが、そんな彼女に2人の男からアプローチが。一方はプレイボーイだ
   が、金持ちでユーモアあり。他方は社長だが、ひょっとして刑事訴追を?そんな
   選択はきわめて簡単。誰しもそう思うが、実は・・・。かなり贅沢な悩みだが、二
   股かけ中の女性は大いに参考に?


洋11-7 アレクサンドリア(2009年) 

        <GAGA試写室>       2011年1月14日鑑賞
        (スペイン映画)         2011年1月15日記
   ・・・クレオパトラから約400年。エジプトの大都市アレクサンドリアと、そこで
   生きた女性天文学者ヒュパティアに対して、はじめて光が!アレハンドロ・アメナ
   ーバル監督のそんな慧眼に拍手!
     まずは、古代の神々とキリスト教との「宗教戦争」に、次にキリスト教による
   ユダヤ教の弾圧に注目!そして、男たちの権力闘争の中、ヒュパティアはなぜ
   こんな目に?それを、宗教と科学の両視点からしっかり勉強したい。
 


洋11-8 悪魔を見た(2010年) 

        <角川映画試写室>       2011年1月19日鑑賞
        (韓国映画)             2011年1月20日記
   ・・・園子温監督の『冷たい熱帯魚』(10年)のモンスターもすごかったが、チェ・
   ミンシク演ずる本作のモンスターはもっとすごい。人間を殺し、切り刻むこと、そ
   れ自体に快感を・・・?他方、イ・ビョンホンが冷酷な復讐鬼と化し、さらにモンス
   ターに変容していく姿にもビックリ。人間の奥底には誰にも怪物性が?
     家電業界は既にサムソンやLG電子がソニーやパナソニックを凌駕したが、
   クライム・サスペンスの領域でも今や韓流は完全に日本を凌駕!鑑賞後ドッと
   疲れが出ること確実だが、あなたも人間である以上こりゃ必見!


洋11-9 アンチクライスト(2009年) 

        <松竹試写室>               2011年1月20日鑑賞
        (デンマーク、ドイツ、フランス、      2011年1月21日記
         スウェーデン、イタリア、ポーランド合作映画)           
   ・・・09年のカンヌが騒然!タイトルも挑発的なら、エデンの園(?)でくり広げら
   れるアダムとイブ(?)の営みも刺激的、いや暴力的!セックスの最中に息子を
   失った喪失感はわかるが、妻はなぜこんな行動を?
     これでもか!これでもか!とエスカレートするシーンには、思わず身体が硬
   直!これって、ひょっとしてラース・フォン・トリアー監督の妄想?それにしても、
   「3人の乞食」という鹿、キツネ、カラスを一体どう解釈すれば?誰かわかる人、
   教えて・・・。


洋11-10 SOMEWHERE(2010年) 

        <角川映画試写室>        2011年1月25日鑑賞
        (アメリカ映画)            2011年1月26日記

        ショートコメントのとおり。


洋11-11 ナルニア国物語 第3章アスラン王と魔法の島(2010年) 
                                              
        <TOHOシネマズ梅田>      2011年1月25日鑑賞
        (アメリカ映画)            2011年1月26日記

        ショートコメントのとおり。


洋11-12 英国王のスピーチ(2010年) 

        <GAGA試写室>             2011年1月28日鑑賞
        (イギリス、オーストラリア合作映画)  2011年1月29日記
   ・・・1月24日に始まった第177回通常国会は大荒れだが、その原因は菅直人
   総理の演説力不足!ヒトラーの演説を真似る必要はないが、吃音を克服して感
   動的な戦争スピーチを行ったジョージ6世の努力から学んでみては?
     『マイ・フェア・レディ』(64年)でのヒギンズ教授の「特訓」も良かったが、スピ
   ーチ矯正の専門家ライオネルの特訓も素晴らしい。英国にはこんな国王と不屈
   の精神力を持ったチャーチル首相がいたからナチスに勝利できたが、さて今の
   日本では?


洋11-13 完全なる報復(2009年) 

        <TOHOシネマズ梅田>      2011年1月30日鑑賞
        (アメリカ映画)            2011年1月31日記
   ・・・アメリカの「司法取引」には長所と短所が。しかし、「有罪率96%の検事」の
   名声のためにそれが使われたとしたら?復讐のターゲットを加害者のみならず
   そんな検事に、そして「穴だらけの法制度」に設定する構成はメチャ面白い!し
   かも、映画中盤の知能ゲームは見どころ満載だ。
     優秀な知能も使い道をまちがえばえらいことになるという典型例だが、問題
   提起性とエンタメ性は最高。こりゃ是非ロースクールの教材としなければ・・・。


洋11-14 ツーリスト(2010年) 

        <TOHOシネマズ梅田>      2011年1月31日鑑賞
        (アメリカ映画)            2011年2月1日記
   ・・・シリアスな問題提起作もいいが、たまにはヒネリの効いた華やかで楽しい
   映画も。そんな要望に応えて、あくまで華やかなアンジェリーナ・ジョリーと意
   外とダサい(?)ジョニー・デップが、水の都ヴェネチアを舞台に共演!
     『シャレード』(63年)を彷彿させる中盤のおしゃれなサスペンスに注目だ
   が、クライマックスに向けて遂に謎の犯人ピアースの登場!誰もがそう思うはず
   だが、さてヒネリの効いた本作の結末は?


洋11-15 トゥルー・グリット(2010年) 

        <GAGA試写室>          2011年2月3日鑑賞
        (アメリカ映画)            2011年2月5日記
   ・・・『ノーカントリー』(07年)に続く、コーエン兄弟による風変わりなテイストの西
   部劇は実に面白い!それにしても、あれで14歳の女の子?こりゃアカデミー賞
   助演女優賞確実?まずは、大の大人2人を従えた3人組の珍道中に注目!
     「トゥルー・グリット」(真の勇気)が試されるクライマックスにおける「1対4の
   対決」の迫力はもちろんだが、人間ドラマの掘り下げ方もピカイチ。菅直人総理
   も今こそ本作を観て、「真の勇気」を奮い立たさなければ・・・。


洋11-16 台北の朝、僕は恋をする(2010年) 

        <GAGA試写室>          2011年2月3日鑑賞
        (台湾、アメリカ映画)        2011年2月5日記
   ・・・「外向き志向」の強い台湾では、アメリカに渡った人材からフレッシュな
   台北の魅力を世界に発信!必ずしも美男とは思えない主人公がある事件に
   巻き込まれる中、「夢の恋人」と形容される美女と共に台北のまちを疾走!
   恋人はパリに去ってしまったが、台北のまちはパリ以上に魅力的?さらに
   目の前にいるこの美女は?
     おしゃれな感覚とおしゃれな結末。台北とパリの「二都物語」を、若者感覚で
   しっかり味わいたい。


洋11-17 サラエボ、希望の街角(2010年) 

        <東宝試写室>                2011年2月7日鑑賞
        (ボスニア・ヘルツェゴビナ、オーストリア 2011年2月8日記
         ドイツ、クロアチア合作映画)        
   ・・・ボスニア紛争の終結から15年。今、サラエボのまちは?前作『サラエボの
   花』(06年)では、レイプによって生まれた娘と母との心の交流が描かれたが、
   さて第2弾は?
     本作では、イスラム原理主義を焦点として、なぜ愛し合う男女が別れること
   になるのかをしっかり見定めたい。悩み抜いたヒロインのしなやかで力強い生き
   ザマには感心しきりだが、彼女は今ホントに「希望の街角」に?
   


洋11-18 再会の食卓(団圓)(2009年) 

        <GAGA試写室>        2011年2月9日鑑賞
        (中国映画)            2011年2月10日記
   ・・・中国では客人をもてなす食事には特別な意味がある。しかして、国共内戦
   の中で生き別れとなった台湾からの夫を40数年ぶりに迎えた、上海に住む妻
   やその家族の「再会の食卓」とは?また、新旧2人の夫を挟んだ「3人の食卓」
   とは?そこで話されるテーマとは?
     3人の老俳優の演技がすばらしい。脚本と演出がすばらしい。邦画ではまず
   実現できない感動的な人間ドラマを、じっくりと堪能したい。
   


洋11-19 ヤコブへの手紙(2009年) 

        <テアトル梅田>          2011年2月11日鑑賞
        (フィンランド映画)         2011年2月12日記

        ショートコメントのとおり。


洋11-20 キック・アス(2010年) 

        <テアトル梅田>          2011年2月11日鑑賞
        (アメリカ、イギリス映画)      2011年2月12日記

        ショートコメントのとおり。


洋11-21 ショパン 愛と哀しみの旋律(2002年) 

        <角川映画試写室>       2011年2月15日鑑賞
        (ポーランド映画)         2011年2月16日記
   ・・・「ピアノの詩人」ショパンと、年上のしかも2人の子持ちで男に自由奔放な女
   流作家ジョルジュ・サンドとの恋。それは「短くも美しく燃え」とはいかずトラブル
   の連続だったが、その原因は2人の子供とショパンとの確執。耳では美しいピア
   ノの旋律を、目では4人の愛憎劇をタップリ楽しみたい。
     なお本作は、ショパンと同時期を生きた「ピアノの達人」リストとカロライン・サ
   インウィットゲンスタイン公爵夫人の悲恋を描いた『わが恋は終りぬ』(60年)と
   対比してみると、一層興味深いかも?
   


洋11-22 戦火の中へ(2010年) 

        <宣伝用DVD鑑賞>       2011年2月16日鑑賞
        (韓国映画)            2011年2月18日記
   ・・・1950年6月25日北朝鮮軍が突然南下!そして8月11日には浦項女子中
   学で学徒兵71名の死闘が!それから60年後の今、その物語が『アラモ(THE
   ALAMO)』(04年)と同じようにすばらしい映画としてよみがえった。
     なぜ、韓国はこんな感動的な戦争映画ができるの?それはきっと、平和でノ
   ー天気な日本と今なお北朝鮮との緊張関係を保つ韓国との相違。そして何より
   も、若者たちの「祖国」に対する意識の差だ。
     『ブラザーフッド』(04年)も『光州5・18』(07年)も良かったが、本作も涙な
   くして見られないはず。腐ったニッポンの政治状況を嘆くだけではなく、こんな映
   画を観て自分の生き方を模索してほしい。


洋11-23 孫文の義士団(2009年) 

        <GAGA試写室>           2011年2月18日鑑賞
        (中国、香港合作映画)        2011年2月21日記
   ・・・「辛亥革命」から100周年。といっても中国の近現代史に疎い日本人には
   なじみが薄いが、中国では「革命の父」、台湾では「国父」と呼ばれる孫文の
   偉大さは不滅!したがって、その孫文が1906年10月15日に香港で開催
   される1時間の会議に出席するためなら、己れの命は惜しくない。
     そんな切り口から、中国香港の資本と人材を結集した「エンタメ巨編」が誕
   生!しかして、あなたは本作に描かれた名もなき義士団たちの犠牲をいかに評
   価?そこらの論点整理も、しっかりと!
   


洋11-24 アメイジング・グレイス(2006年) 

        <GAGA試写室>        2011年2月24日鑑賞
        (イギリス映画)          2011年2月26日記
   ・・・時代は18世紀末。舞台はイギリス議会。テーマは奴隷貿易廃止法案。その
   成立に命を燃やすのは、21歳で国会議員となった2人の男たち。なぜ、そん
   な映画のタイトルが、あの本田美奈子.が歌った名曲『アメイジング・グレイ
   ス』に?
     『アミスタッド』(97年)はアメリカでの裁判闘争だったが、黒人奴隷た
   ちの叫びは本作もそれと同じ、「GIVE US FREE」。断末魔のうめき
   声をあげている日本の国会風景と対比しながらイギリス議会の熟議のサマを
   勉強したい。リンカーンも偉大だが、本作の若き政治家たちも立派。ところが、
   日本では・・・?
   


洋11-25 ザ・ファイター(2010年) 

        <GAGA試写室>        2011年2月25日鑑賞
        (アメリカ映画)          2011年2月26日記
   ・・・ボクシングモノに、はずれなし!『あしたのジョー』(11年)に続いてそんな
   「格言」の正しさを実証!『シンデレラマン』(05年)は夫婦愛がメインだったが、
   本作では現役ボクサー、ミッキーとトレーナー役でハチャメチャな兄ディッキーと
   の兄弟愛に注目!『あしたのジョー』の減量はすごかったが、さて本作に見る肉
   体改造は?減量は?
     ところで、あなたは最速王座に就いた井岡一翔が放った左ボディを見た?井
   岡はスピード、ミッキーは重さだが、本作に見る必殺左ボディの威力は?
   


洋11-26 ヒア アフター(2010年) 

        <TOHOシネマズ梅田>    2011年2月26日鑑賞
        (アメリカ映画)          2011年3月1日記
   ・・・『バベル』(06年)は4つの物語が1つに収束していったが、本作は3つの
   物語が!そのテーマは「ヒア アフター」=「来世」だが、リアリスト(?)の
   クリント・イーストウッド監督も80歳ともなればそんな心境に?
     3人の主人公が心を交わすクライマックスはロンドンでのブックフェア。上
   海書城でのブックフェアに著者として参加した体験のある私には嬉しい限りだ
   が、そこで描かれる開放式的結尾(開放型の結末)を、さてどう解釈?
   


日11-27 ダンシング・チャップリン(2010年) 

        <東宝試写室>         2011年2月28日鑑賞
        (日本映画)           2011年3月1日記
   ・・・映画と歌舞伎の融合、映画とオペラの融合があるなら、映画とバレエの融合
   だって!周防監督のそんな発想が、フランスの巨匠振付師ローラン・プティが
   1991年に発表した『ダンシング・チャップリン』と見事に融合!
     劇団☆新感線の『ゲキ×シネ』シリーズはメチャ面白いが、こちらはメチャ
   美しい。チャップリン映画の名シーンの数々を息を飲みながら満喫し、その感
   動をじっくりと味わいたい。


洋11-28 ミス・ギャングスター(2010年) 

        <GAGA試写室>        2011年3月3日鑑賞
        (韓国映画)            2011年3月5日記

        ショートコメントのとおり


洋11-29 素晴らしい一日(2008年) 

        <GAGA試写室>       2011年3月3日鑑賞
        (韓国映画)           2011年3月5日記
   
        ショートコメントのとおり


洋11-30 わたしを離さないで(2010年) 

        <角川映画試写室>      2011年3月7日鑑賞
        (イギリス、アメリカ映画)    2011年3月9日記
   ・・・キレイな女優2人に注目するのは当然だが、本作ではカズオ・イシグロの原
   作にも注目!タイトルからは何の映画か全くわからないが、本作のキーワード
   は「提供」と「終了」。さて、あなたはどの段階でそれに注目?
    厳格な管理下にある寄宿舎で子供時代を送る「仲良し3人組」が背負った運
   命は過酷だが、子役たちの見事な演技に拍手!しかして、映画鑑賞後のあなた
   の人生観の変化は?


洋11-31 キッズ・オールライト(2010年) 

        <角川映画試写室>      2011年3月7日鑑賞
        (アメリカ映画)          2011年3月9日記
   ・・・あなたは進歩派それとも保守派?同性婚や人工授精への賛否は?『ミルク』
   (08年)にみる同性婚承認のための戦いとは?
     真正面からそんな議論に向き合うのもいいが、2人のママを持つ4人家族の
   「あるハプニング」を楽しみながら、夫婦の絆、母子の絆そして家族の絆をし
   っかり確認したい。それにしても、同性婚が認められた2番目の州であるカリ
   フォルニア州では、これから続々とこんな家族が・・・?


洋11-32 ナンネル・モーツァルト 哀しみの旅路(2010年) 

        <GAGA試写室>         2011年3月8日鑑賞
        (フランス映画)           2011年3月9日記
   
        ショートコメントのとおり


洋11-33 ブルーバレンタイン(2010年) 

       <東映試写室>               2011年3月10日鑑賞
       (アメリカ映画)                2011年3月18日記
   ・・・徐静蕾(シュー・ジンレイ)主演の中国映画『我愛你(ウォ・アイ・ニー)』
   (03年)は徹底した夫婦ゲンカを描いたが、本作は夫婦ゲンカとラブラブの
   サマを交互に描くから、その落差にビックリ!お腹の中の子供の父親のことま
   で許容し、妻子を心から愛しているのに、価値観が異なればやはり「おしどり
   夫婦」は無理?勝新太郎と中村玉緒、阪田三吉と小春などと対比しながら本作
   の夫婦愛を検討してみれば、一層興味深いかも・・・?


洋11-34 キラー・インサイド・ミー(2010年) 

       <東映試写室>                   2011年3月10日鑑賞
       (アメリカ、スウェーデン、イギリス、カナダ映画) 2011年3月14日記
   ・・・次々と映画化されているスティーヴン・キングの小説は有名だが、本作の原
   作者である「呪われた異端のノワール作家」ジム・トンプスンとは?時代と舞
   台は、同時代の日本と比べ豊さが目立つ1950年代のアメリカの田舎町。さ
   あ、本作に見る一見善良な29歳の保安官助手の「キラー・インサイド・ミー」
   (日本語訳「おれの中の殺し屋」、中国語訳「心中的殺手」)とは?
     2人のミューズの死に方にもビックリなら、ラストも圧巻!そして何より
   も、主人公のここまでの冷徹さにあ然!


洋11-35 抱きたいカンケイ(2011年) 

        <GAGA試写室>          2011年3月11日鑑賞
        (アメリカ映画)             2011年3月28日記
   ・・・恋とか愛とかは面倒!必要な時だけのセックスフレンドに!そんな非常識
   は公には認められないが、美女からそんな提案をされたら世の男性陣は
   誰でもウハウハ?それが当然だが、あえてそれに逆らう男と女がいるとは・・・。
   発想の転換は面白いが、途中から予定調和がミエミエなのはいかがなもの?                                              


洋11-36 ジュリエットからの手紙(2010年) 

        <GAGA試写室>           2011年3月17日鑑賞
        (アメリカ映画)              2011年3月28日記
   ・・・ジュリエット・レターにジュリエットの秘書。まずはそのキーワードを押さ
   えたうえで、イタリアのヴェローナを舞台とした2つのラブストーリー(?)
   の展開を楽しみたい。
    再会の恋、老いらくの恋もすばらしいが、ケンカばかりしている若いモンた
   ちは意外にも・・・。ちなみに、バルコニーのシーンはどこでどのように使わ
   れるの?そんな点にもしっかり興味を・・・。
              


洋11-37 マーラー 君に捧げるアダージョ(2010年) 

        <東映試写室>           2011年3月22日鑑賞
        (ドイツ、オーストリア映画)      2011年3月28日記
   
        ショートコメントのとおり


洋11-38 処刑剣 14BLADES(2010年) 

        <東映試写室>           2011年3月23日鑑賞
        (中国映画)              2011年3月28日記
   ・・・この邦題はナニ?この英題はナニ?まして、原題の「錦衣衛」とはナニ?ま
   ずはナレーションをしっかり聞き、玉璽を含む各種用語の理解と権力闘争の全
   貌を把握したい。
     本作の特徴は、「キムチ・ウエスタン、何するものぞ!」というダニエル・
   リー監督独特の映像によるチャイニーズ・ウエスタン風テイスト。ヴィッキ
   ー・チャオのみならず、魔術的な技を駆使する妖艶な美女ケイト・ツイにも注
   目し、オリジナリティあふれるアクションを心ゆくまで楽しみたい。                                                              


洋11-39 ブラック・スワン(2010年) 

        <角川映画試写室>          2011年3月24日鑑賞
        (アメリカ映画)              2011年3月28日記
   ・・・練習とテクニックによって、可憐な白鳥はOK。しかし、黒鳥になりきるに
   は芸のこやしをタップリ吸い込み、快楽のあり方を知らなきゃ。私にはそれは
   到底無理。しかし、そんなことを言えば主役の座はたちまちライバルに・・・。
     映画俳優はボクサーになったり、バレリーナになったり、本当に大変。監督
   が要求するそんな過酷な役づくりに応えてこそ、はじめてアカデミー賞に値す
   るすばらしい演技に。ナタリー・ポートマン、アカデミー賞主演女優賞の受賞
   おめでとう!
     しかし、本番の舞台で最高のバレエを見せることができた代償とは?もっと
   も、これは一体どこまでが現実で、どこまでが夢?美しいバレエ作品を越えた、
   そんなミステリー劇の面白さに大拍手!                                                                  


洋11-40 戦火のナージャ(2010年) 

        <GAGA試写室>           2011年3月29日鑑賞
        (ロシア映画)               2011年4月9日記
   ・・・2時間40分の『12人の怒れる男』(07年)も重厚だったが、同じニキ
   ータ・ミハルコフ監督による、父と娘の絆を問う2時間30分の戦争大作も重
   厚!また、ロシア映画史上最大の製作費を投入したという本作の、次から次へ
   と続くド肝を抜く戦闘シーンは圧倒的だ。
     もっとも、本作のテーマや美しいラストシーンを理解するためには独ソ戦争
   やモスクワ攻防戦の理解が必要だし、スターリン批判も勉強する必要がある。
   それはそれでしんどいが、同じ料金を払うのなら絶対こんな映画を観なきゃソ
   ン!
   


日11-41 マイ・バック・ページ(2011年) 

        <角川映画試写室>        2011年4月4日鑑賞
        (日本映画)              2011年4月7日記
   ・・・1969年1月の安田講堂事件を知ってる?あの時代、あなたはどう生きた
   の?あれから42年を経た今、「マイ・バック・ページ」してみれば・・・。
     あの時代のキーワードは、「総括」と「挫折」。ヘマな革命ごっことヘマな取
   材で共に挫折した2人だが、本作の裏テーマは男の泣き顔。さて、『悪人』(1
   0年)で第34回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞した妻夫木聡がラ
   ストでみせる男の泣き顔は、『真夜中のカーボーイ』(69年)のダスティン・
   ホフマン越え?
      


洋11-42 127時間(2010年) 

        <GAGA試写室>           2011年4月6日鑑賞
        (アメリカ、イギリス合作映画)     2011年4月7日記
   ・・・『リミット』(09年)は人為的な「密室」だったが、こちらは大自然が主
   人公に授けた試練の「密室」。右腕を岩に挟まれ身動きできない絶望的な状況
   下で5日間、主人公はいかに格闘し、いかなる決断を?
     主人公の熱演は認めるものの、「あのシーン」の賛否は分かれるはず。また、
   生還後の人生訓に、私は?
   


洋11-43 テンペスト(2010年) 

        <東映試写室>           2011年4月8日鑑賞
        (アメリカ映画)            2011年4月9日記

        ショートコメントのとおり。


洋11-44 愛の勝利を ムッソリーニを愛した女(2009年) 

        <東映試写室>             2011年4月12日鑑賞
        (イタリア、フランス合作映画)     2011年4月14日記
   ・・・ヒトラーの愛人エヴァ・ブラウンは有名だが、ムッソリーニには有名な愛人
   クラレッタ・ペタッチ以外にもこんな女性が!前半のムッソリーニはカッコい
   い。また、全財産を処分してまでムッソリーニを愛したイーダは美しい。さら
   に、全体の映像もメチャキレイ。しかし、ムッソリーニに妻子がいることがわ
   かった後のイーダの反発と闘争とは?
     後半のストーリー展開は邦題のイメージとは正反対だし、結末は悲惨なも
   の。さて、これでホント「愛の勝利」と言えるの?
   


洋11-45 クロエ(2009年) 

        <GAGA試写室>               2011年4月18日鑑賞
        (カナダ、フランス、アメリカ合作映画)    2011年4月19日記
   ・・・クロエとは、若く美しい娼婦の名。夫の浮気疑惑に悩む妻は、いったい何を
   そんな女に依頼?情報操作は世の中に多いが、クロエのそれはかなり悪質だ。
   やはり何事も信頼できるプロに頼まなくっちゃ。
     後半のサスペンスは『氷の微笑』(92年)バリだが、この結末にはいささ
   か不満が・・・。
   


日11-46 小川の辺(2011年) 

        <東映試写室>                2011年4月28日鑑賞
        (日本映画)                   2011年4月30日記
        
        ショートコメントのとおり。


日11-47 八日目の(2011年) 

        <梅田ブルク7>               2011年5月3日鑑賞
        (日本映画)                   2011年5月7日記
   ・・・産みの母と育ての母。その両者が平和的に共存する物語も多いが、4歳にし
   て育ての母から産みの母に引き渡されたヒロインは?法的には未成年者略取
   誘拐罪は重罪だが、やはりそんな法律論より人間ドラマの方が面白い。
     永作博美、井上真央、そして小池栄子など豪華女優陣が紡ぐ「母性」をテー
   マとした女たちの物語は奥が深い。それは、「妊娠は女の特権」ということと
   密接に関係するが、本作をみれば男の軽さと女の強さが印象的。しかして、ラ
   ストに訪れる衝撃的なヒロインの決断とは?「邦画にもこんな名作あり」と誇
   れる女たちの物語を、男もしっかり学びたい。


洋11-48 ドリーム・ホーム(2010年) 

        <シネ・ヌーヴォ>               2011年5月6日鑑賞
        (香港映画)                   2011年5月9日記
   ・・・これは『ソウ』シリーズに向こうを張ったスプラッター映画?それとも「都
   市問題」を人間の視点から描く問題提起作?日本の不動産バブルとその崩壊は
   世界の1つのモデルとなったが、2007年11月のサブプライムローンに端を
   発したアメリカ発の世界的金融危機の発生は一体ナゼ?
     マイホームは私たち団塊世代共通の夢だったが、本作のヒロインはなぜ「ビ
   クトリアNo.1」の獲得になぜここまで執念を?たかが不動産、されど不動
   産!そこに浮かびあがる、ヒロインの生きザマに注目!                                               


洋11-49 風吹く良き日(1980年) 

        <GAGA試写室>               2011年5月9日鑑賞
        (韓国映画)                   2011年5月10日記
   ・・・「韓国ニュー・ウェーブ、再発見」の企画で、若き日のアン・ソンギらの青
   春群像劇を堪能!『光州5・18』(07年)が描いた光州事件も1980年。
   その時代、地方からソウルに集まった3人の主人公たちの仕事は?恋は?そし
   て生きザマは?
     五木寛之の『青春の門』を思い出し、かつ日本の1950~60年代と対比
   しながら、「これぞ韓国ニュー・ウェーブ!」を感じとりたい。    
       


洋11-50 ファースター 怒りの銃弾(2010年) 

        <GAGA試写室>               2011年5月10日鑑賞
        (アメリカ映画)                  2011年5月11日記
   ・・・「ファースター」はわかりにくいが、「怒りの銃弾」は本作の本質をズバリ!
   本作のエッセンスはタランティーノ監督の『キル・ビル』1、2と同じ復讐劇だが、
   個性的な3人の男の絡みがポイント。
     頭に銃弾を受けながら奇跡の生還を遂げた主人公は『キル・ビル』の
   ブライドと同じだが、本作は「1粒で2度おいしい」からあっと驚くラストに注目!
                                                 


洋11-51 蜂蜜(2010年) 

        <東宝試写室>               2011年5月12日鑑賞
        (トルコ、ドイツ映画)             2011年5月16日記
   ・・・映画を楽しむには目と耳を使うのが普通だが、ベルリン国際映画祭金熊賞の
   本作はあえて目のみで!本作は映画?それとも絵画?
     『卵』『ミルク』に続く「ユスフ3部作」の3作目である本作の主人公は、
   少年ユスフ。彼はなぜ吃音に?また、なぜ蜂たちはある日忽然と森の中から姿
   を消したの?たしかに本作は神秘的、幻想的そして美しい。しかし音響がない
   と、つい瞼が下に落ちてきて・・・。
   


日11-52 デンデラ(2011年) 

        <東映試写室>               2011年5月16日鑑賞
        (日本映画)                  2011年5月17日記
   ・・・浅丘ルリ子をはじめ、かつて銀幕を飾った華やかな女優たちが総出で老婆役
   に挑戦!姥捨て山は70歳からだが、何とデンデラには100歳の大ボスが!
     今村昌平監督の『楢山節考』(83年)は悲しい映画だったが、長男・天願大
   介による本作は、村(人)への復讐や母子熊との対決などアクションが満載!
   それはそれで面白いのだが、その分、姥捨て山の是非論と老婆たちによる復讐
   の是非論という視点が、後半かなり薄れてしまったのでは?
     


日11-53 歓待(2010年) 

        <テアトル梅田>               2011年5月16日鑑賞
        (日本映画)                   2011年5月17日記
   ・・・単館に名作あり!監督も俳優も全く知らなかったが、日常的に張っている私の
   アンテナにひっかかった本作は最高!園子温監督の問題作『冷たい熱帯魚』
   (10年)と対比しながら、「闖入者二態」をしっかり楽しみ(恐がり)たい。
     人脈があり、才能があり、アイデアさえあれば、こんな個性的かつ魅力的な
   映画製作が可能!主演の他、26歳にしてプロデューサー役を務めた杉野希妃
   や80年生まれの深田晃司監督、そして若手劇団員たちの芝居への熱意とエネ
   ルギーに注目し、それを応援したい。
 


日11-54 大鹿村騒動記(2011年) 

        <東映試写室>               2011年5月17日鑑賞
        (日本映画)                   2011年5月18日記
   ・・・映画は企画が勝負!名優原田芳雄の企画とそれを受けた阪本順治監督の脚
   本によって、300年以上も続く村歌舞伎が一躍陽の目を見ることに!
     「劇団☆新感線」のようなド派手な演出も面白いが、人口1200万人弱の
   村では「善ちゃん、どうしようもなくて・・・返す」から始まる人間ドラマが
   面白い。今さら駆け落ちした妻を返すと言われても・・・。
     本作に見る奇跡は、記憶障害にもかかわらず大鹿村歌舞伎のセリフは身体に
   刻まれていること。小さなドラマながら、芸達者な俳優たちが織り成すドラマ
   には、安心感と快感が!
   


洋11-55 悲しみのミルク(2008年) 

        <第七藝術劇場>               2011年5月22日鑑賞
        (ペルー映画)                  2011年5月25日記
   ・・・「内向き」志向の強い日本では、南米ペルーは遠い国。1980年代、そこ
   では一体どんな凄惨なテロと集団レイプが?アンデスと聞けば美しいイメー
   ジだが、ヒロインが歌うアンデスの歌は実にもの悲しく心の奥底に響くもの。
     「恐乳病」と「じゃがいも」を軸とした、平和ボケの国ニッポンではとても
   考えられない深くて根深い悲しみを、そのタイトルの重みとともにしっかり感
   じとりたい。


洋11-56 再生の朝に-ある裁判官の選択-透析Judge)(2009年)
                                          

        <第七藝術劇場>              2011年5月22日鑑賞
         (中国映画)                  2011年5月23日記
   ・・・車2台の窃盗で死刑判決。そんなバカな!ところが、1997年の中国で
   は?また、日本では09年7月の臓器移植法改正以降その実例が急増したが、
   中国では?死刑をめぐる本格的な中国映画をはじめて鑑賞!
     裁判官と死刑囚そして腎臓移植を望む実業家の3人は、家族とともにいかに
   現実と向き合い、苦悩を乗り越え、そして「再生の朝」を迎えるのだろうか?

   


洋11-57 ロシアン・ルーレット(2010年) 

        <GAGA試写室>               2011年5月23日鑑賞
        (アメリカ映画)                  2011年5月24日記
   ・・・秘密の館での、勝率1%、17人のロシアン・ルーレット。その発想は面白く、
   ゲームには緊張感がいっぱい!しかし、問題はそのルール。
     寸秒の狂いもなく同時発射できるの?をはじめ、前作『13/ザメッティ』(05年)
   で私が指摘したルール上の疑問点がハリウッドのリメイク版たる本作でも何ら解消
   されていないのは実に残念!しかも、ゲーム イズ オーバー以降のストーリー
   展開は、警察を含む関係者たちの頭の悪さが目立つことに不満が・・・。
   


洋11-58 ビューティフル(2010年) 

        <GAGA試写室>               2011年5月24日鑑賞
        (スペイン、メキシコ合作映画)        2011年5月27日記
   ・・・末期ガンのため、余命〇カ月!そんな宣告を受けた時、男の生きザマは?古
   くは黒澤明監督の『生きる』(52年)、新しくはジェット・リーが一切のアク
   ションを封印した中国映画『海洋天堂』(10年)の主人公たちと対比しなが
   ら、名優ハビエル・バルデム演ずる本作の主人公に注目!
     スペインのバルセロナは一見華やかなまちだが、そのウラでうごめく不法移
   民たちの実態は?そんな人種をターゲットにして生きる主人公の一体どこが
   ビューティフル?そう思うのは当然だが、泣きながら鑑賞した後のあなたの心
   はきっとビューティフルに・・・。


洋11-59 海洋天堂(2010年) 

        <東映試写室>               2011年5月26日鑑賞
        (中国映画)                  2011年5月28日記
   ・・・「余命〇カ月宣告」を契機に、男の生きザマは如何に?ハビエル・バンデム
   主演の『ビューティフル』(10年)に続いて、本作からそれをしっかり学び
   たい。一切のアクションを封印したジェット・リー扮する主人公は、余命〇カ
   月宣告を受けた今、21歳の自閉症の息子を残して逝くについていかなる決断
   を?
     台湾ビューティーのグイ・ルンメイとの淡い恋模様を含め、『北京ヴァイオリ
   ン』(02年)の脚本を書いた新進女性監督シュエ・シャオルーの演出は冴え
   わたっている。さらに、本作に描かれる青島の美しい海は、私にも身近な風景。
   まさにこんな映画を、平凡にして偉大なるすべての父と母へ!
   


洋11-60 バビロンの陽光(2010年) 

        <東映試写室>               2011年5月26日鑑賞
        (イラク、イギリス、フランス、オランダ、 
        パレスチナ、UAE、エジプト合作映画)  2011年5月28日記
   ・・・日本は今、3.11東日本大震災からの復興で大変だが、2003年に始まった
   イラク戦争によってフセインが倒れても、大量虐殺されたイラク北部のクルド人たち
   はもっと悲惨。そんな現実を、祖母と孫の2人のロードムービーからしっかり確認
   したい。
     集団墓地に見る白骨死体の列にはビックリ!2人が古都バビロンに残るという   
   空中庭園を見る頃には・・・?


洋11-61 サンザシの樹の下で(山楂樹之戀)(2010年) 

        <GAGA試写室>               2011年5月27日鑑賞
        (中国映画)                    2011年5月28日記
   ・・・今や世界的大監督となった張藝謀(チャン・イーモウ)が原点に回帰!しかし、
   まず「サンザシ」とは?それがわからないから、日本人にはイマイチ親しみが・・・。
   さらに時系列に沿ったこの純愛の描き方はナニ?
     文革時代の小説をもとに、新たに発掘した謀女郎(イーモウガール)のチョウ・
   ドンユィを起用し、『初恋のきた道』(00年)越えに挑戦したが、その出来は?
   もっとも、ラストの泣かせ所はさすが。さて、還暦を迎えた超大国の大監督は
   今後いかなる進路を?
   


洋11-62 デビル(2010年) 

        <東宝東和試写室>             2011年5月31日鑑賞
        (アメリカ映画)                 2011年6月1日記
        
        ショートコメントのとおり。


洋11-63 水曜日のエミリア(2009年) 

        <GAGA試写室>               2011年6月1日鑑賞
        (アメリカ映画)                  2011年6月3日記
   ・・・ナタリー・ポートマンが略奪婚?たしかにあの美貌ならそれも可能だろう
   が、子連れ男との新婚生活は?連れ子との確執、思わぬ妊娠と出産、その子の
   喪失と試練が続く中、自分にも他人にも厳しい完璧主義者のヒロインはいかな
   る生きザマを?
     人間は誰でも悩みながら生きているもの。そんな視点から、本作でまたひと
   つ人生経験を・・・。
   


洋11-64 マイティ・ソー(2011年) 

        <GAGA試写室>               2011年6月1日鑑賞
        (アメリカ映画)                  2011年6月4日記
   ・・・シェークスピア劇で有名なケネス・ブラナ監督が、マーベル・コミックのエ
   ンタメ巨編に挑戦!主人公は神の国の王位継承者にして最強の戦士マイテ
   ィ・ソーだが、傲慢さが玉に瑕。しかし、神の国からの追放、万能の武器の剥
   奪、地球上での恋模様の展開の中、彼は男として、人間としていかなる成長を?
     あくまでコミックとして、そのエンタメ性を存分に楽しみ、かつラストに交
   わされる父と息子との会話に見る主人公の成長ぶりに注目したい。


洋11-65 モーツァルトの恋(1942年) 

        <テアトル梅田>           2011年6月4日鑑賞
        (オーストリア映画)          2011年6月4日記

        ショートコメントのとおり。


日11-66 軽蔑(2011年) 

        <TOHOシネマズなんば別館>       2011年6月5日鑑賞
        (日本映画)                   2011年6月6日記
   ・・・浜田光夫・吉永小百合の純愛コンビによる『泥だらけの純情』(63年)が
   大好きだっだ私は、中上(健次)文学最後の純愛モノに興味津々。前半の「疾
   走感」と「男と女は五分と五分」という問題提起は出色だが、中盤からは・・・?
   甘やかされたボンボンがどうにもならないのはわかるが、ここまでひどいと
   は。菅総理にイライラなら、カズにもイライラ・・・。
     原発事故は想定外かもしれないが、カッコつけだけのバカがたどりつく本作
   の結末は想定内。私にはとても「男の美学」とは思えないが、ひょっとして今
   時はこれが、流行り?


洋11-67 シャンハイ(2010年) 

        <GAGA試写室>             2011年6月7日鑑賞
        (アメリカ映画)                2011年6月15日記
   ・・・日米開戦直前、1941年10月の上海。上海万博70年前の「東洋の魔都」
   を舞台にうごめく諜報員たちの思惑とは?親友の死を調査する米国諜報員の
   目に見えてきたのは、空母「加賀」の寄港と800kg魚雷をめぐる巨大な秘
   密だが、その意味するものは?
     コン・リー扮する謎の中国人美女とチョウ・ユンファ扮するその夫、そして
   渡辺謙扮するタナカ大佐がストーリー形成の軸だが、恋愛模様も含めて時代感
   と緊迫感は満点。新たな日米中の関係を模索するためにも、本作からいろいろ
   と学びたい。
 


日11-68 ゲキ×シネ「薔薇とサムライ」(2011年) 

        <梅田ブルク7>              2011年6月7日鑑賞
        (日本映画)                 2011年6月15日記
   ・・・「天下の大泥棒」石川五右衛門は今、地中海で女海賊の用心棒として大活
   躍!そんな自由奔放な発想で、薔薇(天海祐希)とサムライ(古田新太)が大
   激突!アンヌは唯一の正当な王位継承者?それとも、ペテンにかけられた被害
   者?アンヌがなすべきことは、ナニ?仲間と友情を結ぶの?それとも国のため
   に尽くすの?
     菅総理退陣をめぐる政局も終末を迎えようとする今、こんなゲキ×シネを楽
   しみながらしっかりお勉強も!


洋11-69 ハンナ(2011年) 

        <GAGA試写室>              2011年6月8日鑑賞
        (アメリカ映画)                 2011年6月10日記
   ・・・『つぐない』(07年)でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされた16
   歳の天才少女シアーシャ・ローナンが、何とも刺激的な役で登場!『チョコレ
   ート・ファイター』(08年)の“ジージャー”ヤーニン・ウィサミタナンに
   は到底及ばないものの、『ボーン』シリーズのマット・デイモンばりのアクシ
   ョンに注目!
      『エリザベス』(98年)のケイト・ブランシェットが敵役として登場する
   ので、その対比の妙にも注目だが、残念なのは女同士の「激突」の動機がイマ
   イチあいまいなこと。さらに、グリム童話を教材とした情操教育と、グリムの
   家での「再会」と「対決」はちょっとこじつけがすぎるのでは・・・?
   


洋11-70 黄色い星の子供たち(2010年) 

        <GAGA試写室>              2011年6月10日鑑賞
        (フランス、ドイツ、ハンガリー映画)    2011年6月15日記
   ・・・フランスは「自由と人権の国」だが、1940年当時ヴィシー政権はナチス・
   ヒトラーに対していかなる対応を?邦題の「黄色い星」とはナニ?ヴェル・デ
   ィブ事件とはナニ?日本人は、まずそこから勉強しなければ・・・。
     『ライフ・イズ・ビューティフル』(97年)や『聖なる嘘つき その名は
   ジェイコブ』(99年)は作りモノの映画として涙を誘ったが、本作はあくま
   で史実にもとづくストーリー。したがってユーモア感は全くないが、こんな迫
   害にもかかわらず、パリ在住の2万4000人のユダヤ人のうち1万人が生き
   残ったことを、キリシタン迫害の歴史と対比しながらしっかり考えてみたい。
   


洋11-71 アイ・アム・ナンバー4(2011年) 

        <角川映画試写室>           2011年6月13日鑑賞
        (アメリカ映画)               2011年6月15日記
   ・・・ナンバーワンより、オンリーワン。そんな歌もあったが、ナンバー4が主人公に
   なる映画は珍しい?近時邦画の若者向け企画の劣化が目立つが、それはハリウ
   ッドも同じ?新しい企画とイケメン俳優の起用だけでは、エンタメ性はも
   とより感動性を生むのは難しいのでは?『トワイライト』と同じくシリーズ化が予想
   されるが、私にはノーサンキュー。
          


洋11-72 モールス(2010年) 

        <アスミック・エース関西支社>     2011年6月15日鑑賞
        (アメリカ映画)               2011年6月16日記
   ・・・「身分違いの恋」や「禁断の恋」は映画の定番だが、12歳の少年と少女に
   はそれはムリ?しかし本作が描く、孤独を抱えたままの2人の絆は切なく美しい。
     面白いのは、それが「この20年のアメリカでNO.1のスリラー」になっ
   ていること(?)だが、それはなぜ?チラシだけでそれがわかればあなたの想
   像力は豊かだが、ここではやはり言わぬが花。たまには、白紙の状態で映画館
   に赴いてみては・・・。
   


洋11-73 ツリー・オブ・ライフ(2011年) 

        <大阪ステーションシティシネマ>    2011年6月16日鑑賞
        (アメリカ映画)               2011年6月18日記
   ・・・2011年の第64回カンヌ国際映画祭は、『ニュー・ワールド』(05年)
   以来6年ぶり、5作目となるテレンス・マリック監督の本作がパルムドール賞
   を獲得!河瀬直美監督の『朱花の月』と三池崇史監督の『一命』を押しのけて
   なぜ本作が?それは、本作を観れば誰でもすぐにわかるはずだ。
     本作のテーマは、父と息子の確執。時代は、1950年代の古き良きアメリカ!
   あの時代と60数年後の今を対比させながら、教育とりわけ家庭教育の大切さと
   父子の絆のあり方を、本作からじっくりと学びたい。                                              


洋11-74 ハウスメイド(2010年) 

        <GAGA試写室>             2011年6月20日鑑賞
        (韓国映画)                  2011年6月21日記
   ・・・『ユア・マイ・サンシャイン』(05年)と『シークレット・サンシャイン
   (密陽)』(07年)で社会性豊かなすばらしい熱演を見せたチョン・ドヨンが、
   一転して大胆な肢体(?)のメイド役に挑戦!大邸宅のご主人様は裸の王様で
   もいいが、妻とその母親そして新入りを審査したベテランメイドが入り組んだ
   女同士のバトルは興味津々・・・。一夜のエッチでの妊娠を契機として起きる
   大騒動とは?そしてそんな中で清楚なメイドがみせる意外なしぶとさと、「復
   讐」をキーワードとした「あっと驚く」行動とは?
     


日11-75 一枚のハガキ(2011年) 

        <東映試写室>              2011年6月22日鑑賞
        (日本映画)                  2011年6月23日記
   ・・・「最後の映画」と宣言した99歳の新藤兼人監督が、自らの「戦争体験」を
   すべての日本人にプレゼント!若松孝二監督の『キャタピラー』(10年)に
   続いて、今年の夏は「クジ運」をテーマとした(?)本作でしっかり「戦後6
   6年」を総括したい。
     3.11東日本大震災の被害は甚大だが、それでも「あの戦争」よりはマシ。
   戦争ですべてを奪われ、かつこれだけクジ運の悪い女だって・・・。他方、ク
   ジ運はよくてもすべてを失った男だって・・・。「喪失」と「再生」をわかり
   やすくかつ力強く描いた、今夏必見の感動作がここに!                              


洋11-76 この愛のために撃て(2010年) 

        <GAGA試写室>              2011年6月23日鑑賞
        (フランス映画)                 2011年6月24日記
   ・・・フランスのフレッド・カヴァイエ監督作品のスピード感とサスペンス性は絶
   好調!しかも、そこに幸せな夫婦生活を突如侵害された夫の妻への愛がテーマ
   となれば・・・。夫の願いはただ1つ、妻を取り戻すことだけ。しかし、妻の
   誘拐を脅迫ネタに否応なく巻き込まれた事件の奥行きは意外に深そうだ。
     パリ市警にはこんなにも深い闇が?メリエール射殺事件の真相とは?一体、
   誰が敵で誰が味方?緊張感いっぱいの85分間の疾走は、カイカン!                        


洋11-77 アリス・クリードの失踪(2009年) 

        <シネ・リーブル>              2011年6月25日鑑賞
        (イギリス映画)                2011年6月27日記
   ・・・身代金目的で2人組の男が若い女を誘拐!要求額は200万ポンドだが、そ
   もそも成功の確率は?
     「沈黙は金、雄弁は銀」とはよく言ったもの。冒頭の10分にみる誘拐劇の
   無言の迫力にまずは脱帽。本作には秀逸なアイデアが2つ!登場人物が3人だ
   けだから、それがより鮮明に!しかして、あっと驚く人間ドラマの結末をお楽
   しみに・・・。        
                          


洋11-78 リメンバー・ミー(2010年) 

        <角川映画試写室>              2011年7月6日鑑賞
        (アメリカ映画)                  2011年7月7日記
   ・・・このタイトルは日本人にもわかりやすいが、チューブのあの名曲が描く世界
   とは全く異質。父親との確執に悩むのがジェームズ・ディーン演じた青年だけ
   ではないことを、『トワイライト』シリーズで大ブレイクした若手イケメン俳
   優ロバート・パティンソン扮する青年が実証!互いに心に痛手をもつ若い男女
   は、いかにそれを乗り越え、恋愛を成就させるの?
     無名新人の脚本ながら、ストーリー展開は奥が深い。3.11東日本大震災
   を日本人が永久に忘れることができないのと同様、ニューヨーク市民にとって
   「あの事件」は永久に・・・。
    


洋11-79 スリーデイズ(2010年) 

        <GAGA試写室>              2011年7月22日鑑賞
        (アメリカ映画)                  2011年7月26日記
   ・・・『すべて彼女のために』(08年)と題された96分のフランス版も良かっ
   たが、134分という長尺になったハリウッド版もグッド!愛する妻の無実を
   信じ、法的手段が尽きたとみると敢然と妻の脱獄を決行する主人公に拍手!
   「法は守るべき」などという通り一辺のお題目はこりごりだ!
     とはいっても、どうやって脱獄を成功させ、一人息子を連れて無事国外に逃
   亡するの?愛は法律よりも強し!そんなことは当たり前だが、しっかり計画し
   た知能戦に勝利する、しがない中年おじさんを演ずるラッセル・クロウに大拍手!
   


洋11-80 レジェンド・オブ・フィスト 怒りの鉄拳(精武風雲・陳真)(2010年)
                                                

        <GAGA試写室>              2011年7月27日鑑賞
        (中国映画)                  2011年7月28日記
   ・・・甄子丹(ドニー・イェン)がマーシャル・アーツの伝説のヒーロー陳真
   (チェン・ジェン)に扮して、1925年の反日・抗日運動が高まる上海で大活躍!
     前半の美人歌手キキ(スー・チー)とのデレデレした姿にはあまり共感できない
   し、「仮面の戦士」もかなりマンガ的!さらに日本軍の力石大佐も権力の横暴と
   カッコづけばかり?最近これほど反日色の強い映画を観たことないが、さてあなた
   はハイライトの「武闘家」対決をいかに?


日11-81 ツィゴイネルワイゼン(1980年) 

        <テアトル梅田>              2011年8月7日鑑賞
        (日本映画)                  2011年8月10日記
   ・・・原田芳雄逝く!そんな訃報に日本中がビックリしたためか、彼の追悼上映は
   大入り。もっとも、観客が年配者ばかりなのは仕方なし・・・。
     日本が超元気だった1980年の本作は、キネ旬第1位作品には珍しく
不可解
   かつ難解だが、2011年のヘタってしまった日本ではさて?名優を偲びながら、
   物語の不可思議性と鈴木清順監督の爛熟美や映像美を堪能し、さらに日本国
   の時代状況にも注目!


洋11-82 アジョシ(2010年) 

        <東映試写室>               2011年8月8日鑑賞
        (韓国映画)                   2011年8月9日記
   ・・・なぜこの男が、少女から「アジョシ」と慕われたの?それは、互いに「孤独」の
   臭いがプンプンしているから・・・。韓国版『レオン』はちょっと誉めすぎだが、
   『母なる証明』(09年)の「オパー」から「アジョシ」に華麗に変身したウォン・ビンの
   アクションは見どころ十分!さらに、興味深いのはワルたちの悪業のサマ。ここまで
   生々しい描写は韓国映画なればこそだろう。
     しかして、ラスト直前のあっと驚く自殺(未遂)シーンを含めて、本作のラストを
   あなたはいかに評価?


洋11-83 ステイ・フレンズ(2011年)
       <GAGA試写室>               2011年8月22日鑑賞
       (アメリカ映画)                  2011年8月23日記
   ・・・愛とか恋とかは、うっとうしい。でもセックスしたい時はある。すると、恋
   愛感情抜きのセックスフレンドがベスト!そんな共通のテーマで、『ブラッ
   ク・スワン』(10年)で対決したナタリー・ポートマンとミラ・クニスが『抱
   きたいカンケイ』(11年)と本作で再び対決!さて、彼女たちはいかに強烈
   なセリフを発し、いかに美しい肢体を魅せてくれるの?
     そう期待したが、やっぱり映画は中味が大切!そんなミエミエの予定調和で
   は、いくらハリウッドお得意のロマンチックコメディでも・・・・。


洋11-84 レイン・オブ・アサシン(剣雨)(2010年)
       <テアトル梅田>                2011年9月1日鑑賞
       (中国、香港、台湾映画)             2011年9月2日記
   ・・・呉宇森(ジョン・ウー)監督が楊紫瓊(ミシェル・ヨー)と韓国の鄭雨盛(チ
   ョン・ウソン)を共演させた国際色豊かな武侠映画は、設定が異色!同時に、
   恋愛ドラマやホームドラマ的な色彩も強いが、武侠の冴えはさすが。そのうえ
   「くノ一」忍者ばり(?)のお色気サービスも・・・。
    難しいことは考えず単純に楽しめばいいいのだが、やはり動体視力の衰えた
   目にはこの種のアクションは少ししんどい・・・。
 


洋11-85 アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ(2010年) 

        <テアトル梅田>           2011年9月5日鑑賞
        (アメリカ映画)             2011年9月6日記

        ショートコメントのとおり。


洋11-86 猿の惑星:創世記(ジェネシス)(2011年)
       <角川映画試写室>               2011年9月7日鑑賞
       (アメリカ映画)                   2011年9月8日記
   ・・・『猿の惑星』シリーズは大阪万博景気で湧く日本を席巻したが、それから
    40年後の今、そりゃありえねー想定?それとも・・・?チンパンジーが人間
    並みの知能を持てば、ケータイをもったサルが繁殖している日本を支配する
    ことなど簡単?
     他方、アメリカのTVドラマ『スパルタカス』が現在ヒット中だが、チンパンジー版
   そして現代版『スパルタカス』の反乱とは?第2作への期待を含め、ハラハラドキド
   キのよくできたストーリーとダイナミズムを堪能しよう。


洋11-87 天国の日々(1978年)
       <シネ・ヌーヴォX>               2011年9月8日鑑賞
       (アメリカ映画)                  2011年9月9日記
   ・・・『ツリー・オブ・ライフ』(11年)を公開したばかりのテレンス・マリック監督の
   1978年の名作を今鑑賞!ナレーションの多用は昔からだとわかったが、同時に
   影像の美しさと神への問いかけのこだわりも同じだと実感!さて、広大な農場を
   舞台に、若き日のリチャード・ギアたちがくり広げる愛憎劇とその悲しき(?)結末
   とは?
    それにしても、広大な農場での麦刈りシーンとイナゴの大郡との格闘シーンは
   長く目にやきつくことだろう。


洋11-88 未来を生きる君たちへ(2010年)
       <シネ・リーブル梅田>               2011年9月11日鑑賞
       (デンマーク、スウェーデン映画)          2011年9月12日記
   ・・・邦題はえらく前向きだが、原題は「復讐」、「報復」を意味する「HÆVNEN」。
   日本の園子温監督と同じように(?)次々と問題提起作を発表するデンマークの
   スサンネ・ビア監督は、9・11世界同時多発テロから10年後の今、本作でどんな
   報復と、どんな許しを?
    アフリカとデンマークという2つの舞台で展開される、それぞれ深刻な子供たちや
   大人たちの争いをじっくり検討する中でその解決策を探りたいが、本作の結末は
   少し甘め?もっとも、ささくれだった世相の昨今、こんな程度で十分なのかも・・・?


洋11-89 我らが愛にゆれる時(左右/IN LOVE WE TRUST)(2011年)
                                        

       <テアトル梅田>               2011年9月13日鑑賞
       (中国映画)                  2011年9月14日記
   ・・・三大映画祭の受賞作9本を、次々と上映!そんな特集で観た第一号が『私の
   中のあなた』(09年)
の中国版ともいうべき本作。白血病の子供に適合する
   ドナー探しのために子づくりにはげむという発想の是非も問題だが、異なる夫
   婦の男女間でそんなことが・・・。
     さらに中国では一人っ子政策という難問も。さあ、秋の夜長、じっくりとそ
   んな問題提起作から「決断のあり方」と「人間の善意」を学びたい。



洋11-90 中国娘(中國姑娘/SHE,A CHINESE)(2009年) 
                                      

       <テアトル梅田>               2011年9月14日鑑賞
       (イギリス、フランス、ドイツ映画)         2011年9月16日記
   ・・・日本人の内向き志向が顕著となり、国外に雄飛する若者が減少している今、
   こんな中国娘の生きザマから刺激を受けなくちゃ!田舎村から重慶へ、そして
   ロンドンへ1人で飛んだ中国娘の波乱に飛んだロード・ムーヴィーと男遍歴に注目!
   陳凱歌(チェン・カイコー)監督の『黄色い大地』(85年)でさえ、ロカルノ国際映画
   祭の銀豹賞だから、同祭金豹賞の本作はAVまがいのサービスも含めて必見?




洋11-91 ペーパーバード 幸せは翼にのって(2010年)
       <テアトル梅田>               2011年9月14日鑑賞
       (スペイン映画)                 2011年9月15日記
   ・・・スペイン内戦を舞台とした大傑作は『誰が為に鐘は鳴る』(43年)だが、
   内戦終了後のスペインに生きた反体制派の芸人たちの生きザマは?日本には
   なじみの薄い世界だが、父子の情(?)は万国共通。誠実な喜劇役者の生きザマに
   涙を誘われるはずだ。
    また、音楽が大いなる力を持つことは『サウンド・オブ・ミュージック』(65年)で
   実証ずみ。さて、本作における『フランコとは暮らせない』が持つ歌の力とは・・・?




洋11-92  女と銃と荒野の麺屋(A WOMAN,A GUN AND A 
         NOODLE SHOP/三槍拍案驚奇)(2009年)


        <梅田ガーデンシネマ>       2011年9月19日鑑賞

         (中国映画)              2011年9月21日記
   ・・・世界のチャン・イーモウが、なぜかコーエン兄弟の『ブラッド・シンプル』(84年)
   のリメイクに挑戦!これはきっと、長年あたためてきた趣味の方向に暴走?奇妙な
   邦題からも、同監督特有の色彩美が想像できるが、スクリーン上はそれ以上!
     しかして、本来のテーマである、欲にうごめく人間模様の展開とその結末から
   学ぶものは?




洋11-93 フェア・ゲーム(2010年)

        <東映試写室>           2011年9月20日鑑賞
        (アメリカ映画)             2011年9月21日記             
   ・・・2001年の9.11世界同時多発テロから10年。イラク戦争の動機とされた、
   大量破壊兵器の有無は?「プレイム事件」は日本人に馴染みが薄いが、なるほど
   政権中枢によるこんな情報操作があったとは!
     ネタとしては面白いし、2人の主役も最高だが、これはドキュメント?それとも
   人間ドラマ?その中途半端さが、私には少し不満・・・。


洋11-94 カメリア(時にあらがう三つの物語)(2011年)
       <東映試写室>            2011年9月21日鑑賞
       (タイ、日本、韓国合作映画)     2011年9月22日記
   第1話『IRON PUSSY』    
   第2話『Kamome』        
   第3話『LOVE FOR SALE』 
   ・・・舞台は釜山、テーマは愛。タイ、日本、韓国の3人の監督が、時空を超えて
   つむぎ出すオリジナリティ溢れた愛の物語の優劣は?
     必ずしも美男美女がいいわけではないが、やはり吉高由里子のような美女が
   いい。そして、やっぱり行定勲監督作品の完成度はピカイチ・・・。


日11-95 探偵はBARにいる(2011年) 

        <梅田ブルグ7>              2011年9月23日鑑賞
        (日本映画)                  2011年10月4日記
   ・・・(私立)探偵など絶滅人種かと思っていたが、札幌・ススキノのBARには、
   今なお昔気質の“俺”がいた!弁護士と違って何の資格もない探偵の業務は
   ハードだが、電話の声に美人の匂いをかぎとれば、たとえ火の中、水の中・・・?
      ストーリー展開はややこしく、解明点は多いが、ウェディングドレス姿の小雪が
   クライマックスで展開する『キル・ビル』並みのアクション(?)に注目!シリーズ化
   は喜ばしいが、さて「このコンビ」は『悪名』シリーズの「あのコンビ」を凌駕できる?


日11-96 ステキな金縛り(2011年)
        <東宝試写室>          2011年9月26日鑑賞
        (日本映画)             2011年9月28日記
   ・・・裁判員裁判の施行から丸2年。そんな中、幽霊は証人になれるの?をテーマと
   した(?)三谷映画の傑作映画が登場!弁護士、検事、裁判官の「法曹三者」の
   キャラも面白いが、西田敏行演ずる幽霊のアドリブ的演技はさすが。
     証人尋問は法廷の華だが、さて幽霊の証言の価値は?そして、それをめぐる
   丁々発止のかけひきは?ハリウッドの名作『十二人の怒れる男』(57年)に並ぶ
   (?)、本格的法廷モノ(?)の誕生に拍手!



洋11-97 ミッション:8ミニッツ(2011年)
        <角川映画試写室>         2011年9月27日鑑賞
        (アメリカ映画)             2011年9月29日記
   ・・・「タイムスリップ」ものの名作は多いが、パラレルワールドとは?ループとは?
   それらのモチーフを三乗した(?)8分間ミッションは、「ニュートリノ理論」と同じく
   難解だが、あなたの理解は?そしてまた、主人公の任務の達成は?
   クリント・イーストウッド監督の『ヒア アフター』(10年)は東日本大震災に伴う
   津波被害を前に上映が中止されたが、本作の日本での公開は確実。しかし、高速
   列車事故、地下鉄事故が続いた中国では、列車大爆破を全面に押し出した本作
   の公開は絶対ムリ?


洋11-98 第7鉱区(SECTOR 7)(2011年)
        <東映試写室>           2011年9月28日鑑賞
        (韓国映画)              2011年10月1日記
   ・・・1978年の日韓共同開発区域(JDZ)で設定された東シナ海の第7鉱区で、
   日韓の争いが勃発?そんな誤解をした人には「肩すかし」かもしれないが、本作は
   第7鉱区に登場した「グエムル」以上の未確認深海生物との戦いを描くもの。
     石油開発に絡んで生まれたこの怪物は一体ナニ?その特徴・弱点は?あまり
   難しく考えず、『チェオクの剣』(03年)から大成長した美人女優ハ・ジウォンの
   惚れ惚れするようなアクションを楽しもう。
   


洋11-99 ウィンターズ・ボーン(2010年)
       <角川映画試写室>         2011年9月29日鑑賞
       (アメリカ映画)              2011年10月3日記
   ・・・低予算だって、こんな立派な作品が!『ブラック・スワン』(10年)のナタリー・
   ポートマンに敗れたとはいえ、ヒロインを演じたジェニファー・ローレンスのアカデミー
   賞主演女優賞へのノミネートは立派なものだ。
     父親の失踪後、17歳の少女が幼い弟と妹を抱えてどうやって生きていくの?
   舞台はミズーリ州オザーク山脈の厳しい大自然。「ミルトン一族」の掟がキーワード
   となる中、少女のひたむきさが光る。何ともいえないラストの満足感を、共に
   味わいたい。


洋11-100 孔子の教え(2009年)
       <角川映画試写室>         2011年9月29日鑑賞
       (中国映画)               2011年10月6日記
   ・・・孔子が生きた時代はいつ?戦乱の世で孔子はいかなる役割を?儒教や
   『論語』は日本では高値で安定しているが、さて中国では?始皇帝の映画は
   多いが、孔子の映画は初!
     国相代理にまで上り詰めた後の権力闘争から流浪の旅の中で、孔子はい
   かなる教えを人々に?孔子が残した数々の「格言」をチェックしながら、
   混迷したニッポン国の行き先を模索したい。
 


洋11-101 ミケランジェロの暗号(2010年)
       <シネ・リーブル梅田>        2011年10月1日鑑賞
       (オーストリア映画)          2011年10月5日記
   ・・・ナチス・ドイツによるユダヤ人の悲劇をテーマとしながら、『イングロリアス・
   バスターズ』(09年)にも共通するユーモアいっぱいの傑作が誕生!『ヒトラー
   の贋札』(06年)も面白かったが、第1に絵画の真贋と、第2に親衛隊とユダヤ
   人の「チェンジリング」をテーマとした本作はもっと面白い。
     原題も英題も「私の好敵手」だが、邦題の「暗号」の意味は?ある「遺言」の
   意味が明かされる結末に、思わずカイカン! 
   


洋11-102 家族の庭(2010年)
       <角川映画試写室>         2011年10月6日鑑賞
       (イギリス映画)             2011年10月8日記
   ・・・ハリウッド大作はCGや大音響が花盛りだが、カンヌで好評を得た本作は、
   食事風景にみる家族や友人たちの会話劇がポイント。初老を迎えた理想的な
   夫婦もいいが、男運の悪い独身女や、身の置き場のない男たちは?
    人生を語るには、菜園で採れた新鮮な野菜とおいしいワインがあればいい。
   そんな視点から、それぞれの人生をあらためて考えてみては・・・。
  


洋11-103 ゴーストライター(2010年)
       <シネ・リーブル梅田>         2011年10月8日鑑賞
       (フランス、ドイツ、イギリス映画)   2011年10月14日記
   ・・・日経新聞の「私の履歴書」も面白いが、ゴーストライターによるアフガン戦争
   とイラク戦争を主導した元英首相の自叙伝ともなると、その価値は絶大!しかも、
   前任者はナゾの死を遂げ、元首相にはある疑惑で訴追の危機が迫っていたから、
   世間の注目は最高潮。こんな時期に出版できれば大成功だが、いくらゴーストライタ
   ーでも真実を書くためには調査が大切。しかし、素人探偵も度が過ぎると・・・。
     こりゃ面白い!こりゃ最高!ハラハラドキドキの緊張感とCIAの暗躍ぶり(?)
   を、今あらためて・・・。


洋11-104 ベニスに死す(1971年)
        <テアトル梅田>           2011年10月10日鑑賞
        (イタリア、フランス映画)       2011年10月11日記
    ・・・ちょうど40年前の美しくも傲慢な(?)名作を鑑賞。芸術においては美の
   追求が不可欠だが、老いと向かい合うべき今こんな美少年に出会うと・・・?
      激しい美の「論争」以外は、絵画を思わせる美しさと静かさが流れていくが、
   結末はタイトルどおり悲惨。やはり、老人は自然に年をとればいいのでは・・・。
   そんな実感がふつふつと・・・。


洋11-105 三銃士☆ 王妃と首飾りとダ・ヴィンチの飛行船(2011年)
         <GAGA試写室>         2011年10月13日鑑賞
         (ドイツ映画)             2011年10月15日記
   ・・・血沸き肉踊る『三銃士』の物語が、飛行船による空での決戦をハイライトとする
   奇想天外な超娯楽大作に!キーウーマンはミラ・ジョヴォヴィッチ演ずる、二重
   スパイで欲望のままに動く悪の華・ミレディだが、その運命は?
     深みに欠けるのは仕方ないが、各人の突出したキャラはわかりやすい。しかし
   て、本作のシリーズ化は?


洋11-106 マネーボール(2011年)
         <GAGA試写室>         2011年10月17日鑑賞
         (アメリカ映画)             2011年10月18日記
   ・・・日本でもGM=ゼネラルマネジャー制度が定着してきたが、GMとオーナー、
   監督、選手間の連携は難しい。いくら勝っても観客動員数が伸びない中日ドラゴン
   ズの落合博満監督の退任劇をみれば、球団経営も商売?
     他方、「ゼニさえあれば常勝軍団!」とならないことはヤンキースやレッドソックス
   そして読売巨人軍を見れば明らかだし、逆にアスレチックスのような弱小、貧乏球団
   だって、「マネーゲーム理論」さえあれば・・・。
      「野村イズム」との共通点を考えながら、秋の夜長の勉強ネタにするもよし。
   男の生きザマの参考にするもよし。本作はまさに考えるネタの宝庫!


洋11-107 1911(2011年)
          <東映試写室>        2011年10月19日鑑賞
          (中国、香港映画)       2011年10月21日記
   ・・・台湾でも中国でも、今年10月10日を「辛亥革命100周年」として祝ったのは
   なぜ?ジャッキー・チェンが100本目の記念作とした、本作の主人公黄興とは一体
   ダレ?1868年の明治維新から約150年を経た今の日本も、あらためてその歴史
   を学ばなければ・・・。
      「革命は武装蜂起から」は世の常だが、共和制と三民主義を熱く語った孫文が
   構想した「この国のかたち」とは?奇しくも本稿執筆の10月21日にはカダフィ大佐
   が死亡したが、リビアの新しい国づくりにも心を馳せながら、激動の中国史を
   本作でじっくりと。


洋11-108 新少林寺(新少林寺/SHAOLIN)(2011年)
          <角川映画試写室>     2011年10月25日鑑賞
          (香港、中国映画)       2011年11月1日記
   ・・・少林寺映画は数多いが、カンフー活劇だけではなく、禅宗による人間の変革
   と救いを描いたのは本作が初?裏切りによって権力の頂点に登りつめた男が裏
   切りに泣くのは当然だが、さて本作の主人公の場合は?トコトン戦う男の対決の
   中で、見えてくる真実とは?
     銃や大砲の前には少林寺の教えや武術は無力?否、決してそんなことはない
   はずだ。99本目の出演作となったジャッキー・チェンがとぼけたいい味でみせる人
   間変革のメッセージを見れば、きっとそれがわかるはずだ。
      


洋11-109 灼熱の魂(2010年)
          <GAGA試写室>      2011年11月8日鑑賞
          (カナダ、フランス映画)    2011年11月15日記
   ・・・民族抗争や宗教対立。そういうテーマは島国ニッポンと日本人には縁遠いもの
   だが、憎しみの連鎖の中での虐殺や内戦が続く中東ではごく日常?
     母親が残した遺言にしたがって、カナダから中東に渡った双子の姉弟がたどっ
   ていく中で見えてくる母の真実の姿とは?そして、やっとたどりついた父と兄に宛て
   た母の手紙にみる許しとは?救いとは?激動の時代を歩んだヒロインの灼熱の魂
   の叫びを、心を澄ませてしっかりと受け止めたい。


洋11-110 デビルズ・ダブル-ある影武者の物語-(2011年)
          <GAGA試写室>      2011年11月9日鑑賞
          (ベルギー映画)        2011年11月15日記
   ・・・「男はつらい」ことは寅さんシリーズで明らかだが、影武者はもっとつらくて過酷。
   黒澤明監督の『影武者』(80年)でも、本作でもそれは同じだ。本作では正反対の役
   柄を演じたドミニク・クーパーの1人2役に注目!
     もっとも、影武者を放棄して彼女と共に逃げるのなら、なぜウダイを殺さなかった
   の?そんな疑問が湧いてくるが、それは実話にもとづくが故の本作の弱み?


日11-111 ヒミズ(2012年)
         <GAGA試写室>         2011年11月9日鑑賞
         (日本映画)             2011年11月14日記
   ・・・未来を失くした少年と愛にすがりつく少女が、見事に第68回ベネチア国際
   映画祭で最優秀新人俳優賞を受賞!多感な年頃の中学3年生が被災したうえ、
   こんなひどい両親の元で育てば、どんなモンスターに?そして、どんな生きザマを?

   ところが現実は・・・?
      園子温ワールドのどぎつさに酔うと共に、ラストシーンで延々と続く 「住田
   頑張れ!」の絶唱を、あなたはどう受け止め、どう読み解く?


洋11-112 サラの鍵(2010年)
         <GAGA試写室>          2011年11月15日鑑賞
         (フランス映画)             2011年11月17日記
   ・・・「フランスの恥部」ともいうべき、ヴェル・ディブ事件とは?『黄色い星の子供
   たち』(10年)でそれを学んだ私は、強制収容所に入れられたサラの取材に自分
   の人生を重ねていく女性ジャーナリストの生きザマに深く感銘!
     もし「あの戦争」を、そして強制収容所からユダヤ人が生き延びていれば・・・。
   取材を通じて明らかにされるサラの人生について、島国ニッポンの私たちも関心を
   持たなければ・・・。


洋11-113 スウィッチ(2011年)
         <角川映画試写室>         2011年11月16日鑑賞
         (フランス映画)             2011年11月18日記
   ・・・「8月のパリはお勧めよ。生まれ変われるわ」の殺し文句を真に受けた
   「ホーム・エクスチェンジ」の実行は、いきなり殺人犯として逮捕されるという
   最悪の展開に!そんなバカな!パスポートさえあれば。また乗客名簿は?
     中盤に展開される、かわいいヒロインから強いアラサー女に変身した主人公
   と警察そして謎の真犯人との追いつ追われつのストーリー展開は結構複雑。
   さらに人工授精やハッカー攻撃などのテーマが加わる中、猟奇色が強まってい
   くが、さてその結末は?
     近時のフランス映画のサスペンスものは結構突っ込みが深いから、しっかり
   ポイントを把握しなければ・・・。


日11-114 恋の罪(2011年)
         <シネ・リーブル梅田>        2011年11月19日鑑賞
         (日本映画)                2011年11月29日記
   ・・・『冷たい熱帯魚』(10年)では死体を切り刻むでんでんの姿に驚いたが、本作
   ではマネキンと接合された変死体の怪にビックリ!そして、のっけに見せられる水野
   美紀のセックスシーンはもちろん、神楽坂恵と富樫真が見せる女の表と裏の顔の
   相違にビックリ!『冷たい熱帯魚』の“油ギッシュな男の映画”に続いて、ここまで
   “大胆な女の映画”を観せられるとは!
     もっとも、「言葉なんかおぼえるんじゃなかった」で始まる小難しい詩の多用に
   は、いささかうんざり。当然これには賛否両論が・・・。


洋11-115 ラビット・ホール(2010年)
         <シネ・リーブル梅田>          2011年11月23日鑑賞
         (アメリカ映画)                2011年11月28日記
   ・・・『0(ゼロ)からの風』(07年)や『帰らない日々』(07年)は交通事故の悲劇を
   描いた問題提起作だったが、本作が描く、交通事故で4歳の息子を失った母親の
   喪失感とその再生とは?
     夫にも財産にも恵まれた母親の喪失感の大きさはわかるが、前半に見るその
   痛手のサマは少しわがまま?そんな母親の再生は時間から?それとも珠玉の言
   葉から?ニコール・キッドマンの繊細な演技に注目!


洋11-116 マジック&ロス(2010年)
         <宣伝用DVD鑑賞>        2011年11月23日鑑賞
        (日本、韓国、マレーシア、香港、   2011年12月2日記
         フランス、アメリカ、中国合作映画)  
   ・・・『歓待』(10年)ですごい才能を見せつけた杉野希妃が、摩訶不思議な映画
   をプロデュース!独自の世界を突き進む彼女が今回コラボする監督は、
   マレーシアの奇才リム・カーワイ監督、そしてコラボする俳優は『息もできない』
   (08年)で衝撃的な演技を見せた韓国のヤン・イクチュンとキム・コッピ。
     2人が訪れたリゾート地のホテルの中や神秘的な森の中で展開される物語は、
   さてどれが真実で、どれが夢?抽象画の大好きな人は、やみつきに?


洋11-117 運命の子(趙氏孤児/Sacrifice)(2010年)
         <角川映画試写室>         2011年11月25日鑑賞
         (中国映画)               2011年11月26日記
   ・・・紀元前600年頃の春秋時代、司馬遷、史記、晋の国、趙氏孤児。そう聞いてわ
   かる日本人は少ないだろうが、「趙氏孤児」は、中国では『ハムレット』や『忠臣蔵』と
   同じように有名!権力闘争は世の常だが、同時に父子の愛も永遠だ。
     趙氏孤児の出生の秘密と「赤ん坊取り替え事件」をめぐるスリリングな前半1時
   間の展開は『十戒』(56年)の面白さをはるかにしのぐが、後半の復讐劇の心理描
   写は賛否両論?さあ、陳凱歌監督の最新作が放つ問題提起を、あなたはいかに受
   け止める?

   

日11-118 聯合艦隊司令長官 山本五十六(2011年)
         <梅田ブルグ7>           2011年11月30日鑑賞
         (日本映画)               2011年12月6日記
   ・・・今年の12月8日は、真珠湾攻撃と日米開戦70年の記念日。そんな絶好のタイ
   ミングで、「軍人でありながら誰よりも日米開戦に反対した男」山本五十六に焦点
   が!満州事変から支那事変へ、大陸での戦争の泥沼化状態から日本はいかに脱
   却?日独伊三国同盟の是非は?「国論」とは?「世論」とは?
     自分の目と耳と心で広く世界を見渡す必要性は今も昔も同じだ。「あの戦争」を
   知らない若者こそ、本作でしっかり勉強を!


洋11-119 人生はビギナーズ(2010年)
         <角川映画試写室>         2011年12月1日鑑賞
         (アメリカ映画)              2011年12月5日記
   ・・・妻と死別した後、75歳にしてゲイであることをカミングアウトし、以降の人生を楽
   しもう。そんな活動的な「後期高齢者」がいるのに、本作に見る38歳の独身男の不
   甲斐なさは?
     人生や女性に対して臆病で不器用な男が最近増殖中だが、いつまでも「人生の
   ビギナーズ」ではダメ。さて、40才近くになってなお独身中の男性諸氏は、本作から
   何をどのように学ぶ?
   


洋11-120 アニマル・キングダム(2010年)
         <角川映画試写室>         2011年12月5日鑑賞
         (オーストラリア映画)         2011年12月10日記
   ・・・本作のタイトルの意味は「動物たちの王国」ではなく、「犯罪でしか生きられない
   野獣たちの王国」のこと。そんな教育によろしくない映画(?)を、クエンティン・タラ
   ンティーノ監督が年間ベスト3に挙げたのは一体なぜ?
     家族の絆やその感動を描く名作は多いが、犯罪だって立派に家族の絆に。
   その代表が『ゴッドファーザー』(72年)だが、疑惑や裏切りがうずまく犯罪一家と
   警察との抗争の中、17歳の主人公はどのように朱に染まっていくの?反面教師な
   がら、そんな犯罪を通じた家族の絆について、しっかり勉強したい。


洋11-121 瞳は静かに(2009年)
         <宣伝用DVD鑑賞>          2011年12月7日鑑賞
         (アルゼンチン映画)           2011年12月17日記
   ・・・詩的なタイトルとは裏腹に、主人公は1980年代アルゼンチンの軍事政権下
   に生きる8歳の少年。あどけなく澄んだその瞳に映るものは?そして、1年間それ
   を見続けた少年の瞳と表情の変化とは?
     声高に軍事政権を批判しないし、露骨にその弾圧を描かないにもかかわらず

   観客の目には・・・。これに比べれば、今のニッポンはいかに豊かでいかに平和!
   たしかに、それはそう思うのだが・・・。


洋11-122 インモータルズ-神々の戦い-(2011年)
         <TOHOシネマズ梅田>        2011年12月10日鑑賞
          (アメリカ映画)               2011年12月17日記
   ・・・「トロイの木馬」をはじめとするギリシャ神話の世界には、夢とロマンがいっ
   ぱい!しかし今、邪悪なイラクリオン国王の侵略の前に、ギリシャの国と民は
   風前の灯火。そんな人間の戦いに、ゼウスをはじめとするオリンポスの神々は
   いかに関与?
     構想は壮大で映像美もすばらしいが、全知全能であるはずのゼウスがあま
   り利口でないのが本作の欠点?そんな厳しい評価もあるが、さてあなたは?


洋11-123 リアル・スティール(2011年)
         <TOHOシネマズ梅田>        2011年12月10日鑑賞
          (アメリカ映画)               2011年12月19日記
   ・・・近未来の2020年には、ロボットが人間に代わって「四角いジャングル」の中
   で激突!なるほど、なるほど、さもありなん。しかしそうなれば、『あしたのジョー』
   (11年)や亀田3兄弟のようなヒーローの誕生は無理で、金持ちが圧倒的に有利?
     そうならないところが、「ボクシング映画に外れなし!」と言われる所以だ。
   さて、本作が描く父子の絆と、涙と感動に包まれるクライマックスとは?


日11-124 劇場版テンペスト3D(2011年)
        <東映試写室>            2011年12月12日鑑賞
         (日本映画)               2011年12月17日記

        
        ショートコメントのとおり



日11-125 ロボジー(2011年)
         <東宝試写室>              2011年12月13日鑑賞
          (日本映画)                2011年12月24日記
   ・・・『リアル・スティール』(11年)に見る格闘技ロボットも悪くはないが、お掃除ロボ
   ット「Roomba」をはじめ、外科手術や原発事故処理に役立つロボットの方がもっと
   大切!しかして、『ロボジー』の「ジー」とは一体ナニ?
     世の中の常識は非常識!そう言える人は立派だが、それはきっと少数派。さ
   て、本作にみる常識の嘘とは?映画の醍醐味は脚本の妙にあり!それを実感させ
   てくれる怪作の誕生に大拍手!


洋11-126 TIME/タイム(2011年)
         <角川映画試写室>          2011年12月14日鑑賞
         (アメリカ映画)              2011年12月15日記
   ・・・「Time is money」とはよく言ったものだが、貨幣の代わりに時間が唯一の
   通貨になった近未来では?「ウォール街占拠デモ」で始まった「1%の富裕層と99
   %の貧困層」の対立は、近未来では「タイム・ゾーン」を挟んでより鮮烈に!
     ボディ・クロックで余命を計りながら、その日を生き延びるスラム・ゾーンの主人
   公は、その怒りをどんな形でぶちまけて体制の変革に?12月10日のロシア下院
   議員選挙後モスクワで挙行された大規模デモと対比して本作のラストを観れば、
   より有意義な示唆が得られるのでは・・・。


洋11-127 善き人(2008年)
         <角川映画試写室>          2011年12月16日鑑賞
         (イギリス、ドイツ映画)          2011年12月22日記
   ・・・時代の流れに逆らうのは難しいから、「小市民」にとっては時の権力者に
   気に入られるのも、ある意味ありがた迷惑?主観的には「善き人」であっても、
   客観的には・・・?
     さらに、何でも知ってやろうの精神は大切だが、やはり世の中には、知らない
   方がいいことも・・・。


洋11-128 いちご白書(1970年)
         <テアトル梅田>          2011年12月17日鑑賞
         (アメリカ映画)             2011年12月28日記
   ・・・カラオケの愛唱歌「『いちご白書』をもう一度」の時代は、今から約40年前の
   1968年。あの時代の学生運動って一体何だったの?
     そんな時代的切り口で観るもよし、キレイな女の子に魅せられたノンポリ学生
   の成長(?)物語として観るもよし。考えるネタには絶好だ。とりわけ、今や60歳を
   えた団塊世代が考えるべき人生の総括と展望は?


日11-129 ALWAYS 三丁目の夕日’64(2012年)
         <東宝試写室>              2011年12月21日鑑賞
         (日本映画)                 2011年12月24日記
   ・・・昭和33年の東京タワーの建設から6年。1964年10月の東京オリンピックを
   迎える夕日町三丁目の住人たちの営みは?そこで織りなされる、誤解あり、和解あ
   りの人間ドラマはまさに涙、涙の感動ドラマだ。しかして、それは一体なぜ?
     それはきっと前向きのひたむきな努力と「幸せってナニ?」と自問自答するところ
   から生まれるのでは・・・。
   


洋11-130 ペントハウス(2011年)
         <東宝東和試写室>          2011年12月21日鑑賞
         (アメリカ映画)               2011年12月28日記
   ・・・北浜駅にも「うめきた」にも「ザ・タワー」はあるが、マンハッタンのそれは
   ケタはずれ!しかし、マンションの真の売りは「管理」だ!その最上階に住む1
   %の富裕層に、管理に励む貧困層が騙されたら・・・?
     「奪われた年金」の奪取に向けて、後半からみせる怒涛のトリックに注目!
   さらに法科大学院の院生たちは、そんな手口を可能とするアメリカ特有の制度
   「司法取引」にも注目を!


洋11-131 ハンター(2011年)
         <角川映画試写室>          2011年12月22日鑑賞
         (オーストラリア映画)           2011年12月28日記
   ・・・世界は広い!こんな秘境の地には絶滅品種のタスマニアタイガーが今なお
   棲息?大企業からその捕獲を請け負った百戦錬磨のハンターにはしっかりした
   職業倫理が不可欠だが、さて本作では?
     森の中でのハンターVSタスマニアタイガーの知能戦が本筋だが、残念なが
   ら(?)、人間絡みの「別線」もいろいろと・・・。その原因の多くは契約の不手際
   だが、本作の結末には十分納得!


洋11-132 無言歌(夾辺溝/THE DITCH)(2010年)
         <テアトル梅田>             2011年12月29日鑑賞
         (香港、フランス、ベルギー映画)     2012年1月5日記
   ・・・新生中国では、毛沢東が提唱した「文化大革命」の失敗以前にも、「百家
   争鳴」と「反右派闘争」というすごい時代が!日本中が「日米安保条約反対!」
   と叫び大混乱していた1960年、ゴビ砂漠のある甘粛省の夾辺溝で労働改造に
   従事させられている右派のレッテルを貼られた男たちは?
     はじめて日本で劇場公開された王兵作品がそんな中国のタブーに挑戦!
   日本人は『山本五十六』から、中国人は本作から、何を学ぶ?


日11-133 幕末太陽傳 デジタル修復版(1957年)
         <シネ・リーブル梅田>          2011年12月31日鑑賞
         (日本映画)                  2012年1月5日記
   ・・・なぜ「日活創立100周年記念特別上映作品」として、本作のデジタル修復版
   が?それは、『七人の侍』(54年)にも匹敵する本作のエンタメ性が長く日本国民
   に愛されてきたためだ。高杉晋作に扮する「太陽族」石原裕次郎の素人芸(?)も
   楽しいが、何よりもフランキー堺の演技のキレと疾走ぶりに注目!
     「三枚起請」をはじめ、ふんだんに盛り込まれた落語ネタをきちんと理解するの
   は大変だが、理屈抜きで楽しむのもよし!しかし、「幻のラストシーン」の追求など、
   映画検定2級、1級合格に向けての研究を深めれば、なお面白い!