〔大阪モノレール訴訟〕

・・・『ルートは誰が決める? 大阪モノレール訴訟顛末記 』(都市文化社)より
                                 本紹介


1、大阪モノレール訴訟とは...   はしがき(坂和章平)
                             (はしがきより引用)

2、大阪モノレール訴訟弁護団紹介  弁護団プロフィール(坂和章平)
                                 (160〜163Pより引用)


3、大阪モノレール訴訟の概要  概要(榎本比呂志)
                           (1〜3Pより引用)


4、大阪モノレール訴訟経緯  訴訟経緯(榎本比呂志)
                          (15〜17Pより引用)


5、門前での争い  門前での争い−訴訟要件の壁(村上久徳)
                         
 (1) 処分性はクリア(62〜63Pより引用)
 (2) 訴訟を提起しうる資格−原告適格(63〜64Pより引用)
 

6、合理性
     S字ルートの選定に合理性はあるか−行政裁量の問題(村上久徳) 
                        
 (1) 裁量権があれば何でも可能?(64〜66Pより引用)
 (2) 行政裁量という巨大な壁(66〜68Pより引用)
 (3) 原告のアプローチ−二つの考え方(68〜69Pより引用)


7、住民組織  裁判を支えた強固な住民運動(坂和章平)
                     
 (1) 迅速性と原則性(124〜126Pより引用) 
 (2) リーダーの資質と献身的努力(126〜129Pより引用) 


8、最後のどんでん返し
     最後のどんでん返し−事実上の和解成立へ(坂和章平)

 (1) 突然の和解打診(156〜159Pより引用)
 (2) 和解案合意へ(175〜176Pより引用)
 (3) 最後の舞台(177〜181Pより引用)

9、年表  年表
        (213〜221Pより引用)