第1 司法修習生のみなさまへ     

1.2013年2月現在の当事務所の構成弁護士数と職員数
  所長弁護士 坂和章平・26期・男
  副所長弁護士 坂和宏展・59期(章平の長男)
  勤務弁護士 松井麻子・新64期・女
  事務局員 6名

2.当事務所の特徴と当事務所の弁護士として要求される能力
(1) 当事務所は「的確・円滑・合理的処理」をモットーにしています。
   当事務所の事件処理についての最大の特徴は、事務局員も弁護士と一緒に事件を
  担当し、弁護士が留守の時にもそれなりの対応ができるようにしていることです。
   そのためには、弁護士ー事務局、事務局間の報告・指示、意思確認に細心の注意を
  払っています。
   また、2012年1月に勤務弁護士が入所してからは、文書のたたき台づくりは原則的
  に勤務弁護士の仕事としています。そんな状況下、事務局はもちろん勤務弁護士にも、
  坂和弁護士への報告・指示確認、勤務弁護士と事務局間の報告・指示の体制をしっか
  りとっていただく必要があります。
(2) 以上により、当事務所の勤務弁護士には@話す力A聞く力B書く力Cスピー
   ド
が必要です。また弁護士は書面が命ですから、書面は一字一句厳格にチェックし、ミ
   スを最小限にとどめる必要があります。したがって@大雑把な性格の方A事務
   処理の苦手な方B資料の整理の苦手な方C争点メモをつくるのが苦手
   な方
などは当事務所には不向きです。
    その他、社会人としてのD一般常識、E責任感を備えていることが大前提となり
   ます。

3.取扱事件と当事務所の弁護士として要求される能力
(1) 当事務所では、基本的にすべての事件を章平弁護士と宏展弁護士そして勤務弁護
  士が共同で受任します。事件処理の方針決定はすべて章平弁護士が行い、その決定
  された方針の下で、宏展弁護士か勤務弁護士が受任通知や訴状・準備書面等の起
  案、法的論点の調査、依頼者に対する報告・説明や事情聴取等の処理を行い、相手
  方との交渉は章平弁護士がメインとなって行っています。つまり、事件に応じて誰か1
  名に任せてしまうのではなく、章平・宏展両弁護士と勤務弁護士が事務局とともに「チ
  ーム」として事件を処理しています。したがって、当事務所に入所した際には、章平・宏
  展両弁護士並びに事務局と十分に意思疎通を図り、その処理方針の下、積極的に上
  記のような役割を担ってもらう必要があります。
(2) 坂和総合法律事務所の仕事量はピーク時に比べると減っていますが、依頼内容は
  複雑・難解なものが多いため、十分新人弁護士が処理をしながら勉強できる環境にあ
  ると思います。また2011年からは破産管財事件などを含み、宏展弁護士への依頼事
  件が増えています。
(3) 交通事故の賠償処理(主に保険会社を通じた加害者側の代理人)は今でも新件が年
  間10〜15件程度はあるため、交通事故の賠償についての基礎的な知識ならびに
  渉能力も必要
です。
(4) 当事務所の特徴として再開発・まちづくり・マンション建替え関係の相談も多くありま
  す。坂和はライフワークとして都市問題に取り組んでおり、それらに関する著書も多く、
  再開発やまちづくり関係の相談が多数あります。これらは専門的であり、興味をもって
  取り組む姿勢がなければ処理をすることは困難です。
   したがって、何ごとにも興味・好奇心をもって積極的に学ぶ姿勢が必要で
  す。
(5) 当事務所の特徴として講義・講演のレジメ作成・資料づくりの補助、著書の執筆(共
  著)などの仕事もありますので、それを手伝ってもらうこともあります。興味があり、勉強
  もかねてのレジメづくり、資料の整理さらには著書の下書きなどもやってみたいというこ
  とであれば、その材料には事欠きません。
   通常の弁護士業務以外の仕事であり大変ですが、興味をもって、チャレンジしてもらい
  たいと思います。

4.採用条件
 当事務所の条件は次のとおりです。

(1) 採用予定人数   1〜2名

(2) 採用形態   
    A)「勤務弁護士」として採用
    B)いわゆる「ノキ弁」形態
      まずは「ノキ弁」の形態で入所してもらったうえで、1、2年経過後に両者協議のう
     え勤務弁護士になるという形もあります。現在の情勢を考えるとその方が望ましい
     かもしれません。

(3) 事務所の姿勢を理解してくれる人であれば、年令・性別は問いません。

(4) 勤務条件
   A)勤務弁護士の場合
     標準的な「相場」を参考にして、協議のうえ決めます。

   B)いわゆる「ノキ弁」形態の場合
     標準的な「ノキ弁」契約に準じて、協議のうえ決めます。

5.新規採用弁護士への希望
   多種多様な事件を現実に処理していく中で、弁護士としての基本的な実力をつけても
  らいたい。
   そのためにはどんなことでも積極的に取り組んでもらいたい。
   当事務所としては、決して完璧な人物を求めているわけではありません。
   できなくても、やろうとする姿勢、わからないことはわかろうという姿勢と、その努力を
  する中でできるようになる能力をもっている人材を求めています。
   
〔事務所訪問を希望される方は〕  
1 当事務所は決して「やさしい事務所」ではなく、「きびしい事務所」ですが、「力はつく事務
 所」であると自負しています。
2 当事務所の概要等をご覧になって、当事務所に興味をもたれた方、苦労をしても実力を
 つけたいと思われる方は歓迎します。
    ☆連絡先  電話  06−6364−5871   
            FAX  06−6364−5820           
            メール office@sakawa-lawoffice.gr.jp  
    ☆担当弁護士 坂和章平
              坂和宏展
      担当事務局 原田