弁護士 坂和章平による
        
「独断」と「偏見」にもとづく
      演劇・ミュージカル・コンサートの採点と評論
  
   
                           作成日    2008(平成20)年3月18日
                           最終更新日 2016(平成28)年6月24日
                          (このページの最終更新日です。評論は毎月
                           更新しています)
 
 2007年までは演劇・ミュージカル・コンサートの採点と評論を映画評論のページに一緒に掲載していましたが、映画評論の本数がかなりの数になってきたため、演劇・ミュージカル・コンサートについては別のページを設けることにしました。
 映画評論同様、このページも充実させていきたいと思っています。お楽しみに!!
2008(平成20)年3月吉日

                   弁護士 坂  和  章  平

     → 2008年鑑賞分を読む 
     → 2009年鑑賞分を読む 
     → 2010年鑑賞分を読む
     → 2011年鑑賞分を読む
     → 2012年鑑賞分を読む
     → 2013年鑑賞分を読む
     → 2014年鑑賞分を読む
     → 2015年鑑賞分を読む
     → 2016年鑑賞分を読む


 作品の「善し悪し」、「好き、嫌い」は、当然観る人によって異なりますから、この採点はあくまで、私の「独断」と「偏見」にもとづく採点です。当然異論もあることと思いますが、この点十分御了承下さい。
 採点の基準は次のとおりです。
      超おススメです。
       観ておいた方がいいでしょう。
        まずまずの出来です。
          あんまり面白くないですね。
           時間のムダ。観る価値なし。