第2 西天満コートビルと坂和総合法律事務所フロアーの紹介


 当事務所は、2001(平成13)年3月以降、従来のアクセスビル6階から、新しく西天満コートビル3階に移転しました。
 西天満コートビルは、敷地約80坪、4階建てのビルです。
 当事務所は、その3階をメインの執務室として使用し、弁護士、事務局員が一体となって(いわゆる、「大部屋方式」)、日常業務をこなしています。
 また、2階南側の約30坪の部屋はその半分を20〜30名規模の大会議室やパーティ会場として、その4分の1を図書室として、残りの4分の1を「シネマ本」等の倉庫として使用しています。さらに、4階南側は入口の部屋を8名程度の会議室として、奥の大部屋は10〜12名程度の会議室として使っています。さらに、応接セットでは、月1回開催している愛光関西9期会の囲碁同好会の場としても使用しています。さらに、その奥の一室は坂和章平弁護士のプライベート・スペースとして使っています。